新着情報

知っておきたい費用事情!新築住宅にかかる諸経費の項目を紹介

「新築住宅を検討しているけど、どういった費用がかかってくるのか心配」
「住宅を建てる際に諸費用としてどのような費用が発生するのか知っておきたい」
新築住宅を検討されている方の中には、新築住宅に必要となる諸費用に関して上記のように考えている方も多いのではないでしょうか。
新築住宅には、土地代や建築費以外にも様々な費用が発生します。
諸費用といえど、比較的な費用が発生するため、資金計画を立てる上でも諸費用にどういったものがあるのかを把握しておくことは非常に重要です。
そこで今回は、新築一戸建て建設にかかる諸経費の項目をご紹介します。

□新築住宅にかかる諸経費

新築住宅にかかる諸経費にはどのようなものがあるのでしょうか。

*仲介手数料

仲介手数料、土地を購入する際などに不動産業者を介した場合に発生する費用で、不動産業者の方に支払う必要がある費用です。
支払い時期としては、売買契約が成立した後となっています。
必要となる費用の上限としては、売買した価格の3%に6万円を加えたものとなっています。

*印紙税

印紙税は、契約書等の作成時に発生する費用で、売買契約書やローン契約書を作成する際に、前者であれば1万円ほど、後者であれば2万円ほどの費用が必要になります。

*保証料

保証料とは、ローンを借入時に支払う費用で、ローンを借り入れるための頭金という意味合いの費用になります。
一括で支払う場合と、金利を上乗せした場合の支払いがあり、一括支払いの場合は、1000万円あたり20万円前後が目安となっています。

*融資手数料

融資手数料とは、ローンを融資してもらう際に必要になる手数料です。

*火災保険(地震保険)

火災保険や地震保険で必要になる費用は、建てる建物がどういった建物なのか、また、補償内容や保険が有効な期間によって異なります。

*登録免許税

登記を行う際に必要になる費用です。

*不動産取得税

不動産を取得する際に必要になる費用です。

*固定資産税

固定資産税は、評価額によって異なります。

*都市計画税

都市計画税の費用は、自治体によって異なる費用です。

□最後に

今回は、新築一戸建て建設にかかる諸経費の項目をご紹介しました。
土地代や建築費はもちろんのこと、諸費用も比較的大きな費用になります。
資金計画を誤れば、納得のいく家づくりができない可能性もあります。
ぜひこの記事を参考に、費用を確認し、適切な資金計画を立てましょう。

ページトップへ
土地情報 資料請求