ブログ

新築を検討中の方必見!!耐震性の高い住宅について。

「新しく家を買う予定だけど、耐震性についてもう少し知りたいな」
このような疑問をお持ちの方はいるのではないでしょうか。
家の一番の役割は、住民の生活の安全を守ることです。
地震の多い日本において、耐震性は住民の生活を守る上で一番に優先されなければいけないといっても過言ではない性能です。
しかし、実際に耐震性についてよく理解されている方は少ないのではないかと思います。
今回の記事では、耐震性の高い家の特徴について、どれくらいの基準を満たしているべきなのかについてご説明します。

□耐震性の高い家の特徴

*重心が低い

建物の重心が低いと地震の影響を受けにくい構造になっています。
例として、低層住宅や屋根の軽い建物が挙げられます。
建物の高さが高ければ、建物全体が大きく変形してしまうことが考えられます。
また、屋根が重ければ重いほど、揺れに弱い構造になってしまいます。
2階建ての住宅や屋根の重い設計を考えている方は、屋根を軽くできないか、2階建てにする必要性についてもう一度検討してみることをおすすめします。

*シンプルな構造

地震に強い建物の特徴として、シンプルな形状であることが挙げられます。
建物がL字型やコの字型など凹凸がある構造だと、建物本体部分と付属部分で合成が異なるため、地震時に違う揺れ方をしてしまいます。
それが原因で接続部分が損化しやすくなってしまいます。
したがって、地震に強い建物を作るためにはなるべくシンプルな構造にするのがいいでしょう。

□どれくらいの基準を満たしているべき?

耐震性能は、品確法という住宅品質確保の促進に関する法律において、3つの等級が定められています。
その中でも、等級の中でも最低ラインと言われているものが、等級1というものです。

等級1は、数10年に一度発生する地震に対して、損傷しない程度の耐震性能があること。
また、数100年に一度発生する可能性のある地震に対して、倒壊しない、崩壊しない程度の強度があることが決められています。
これ以下に該当するものは、耐震性能の基準をクリアしていないと見なされます。

等級2は、等級1の1.25倍の地震が来ても耐えられる耐震性です。

等級3は等級1の1.5倍自身が来ても耐えられる耐震性になります。
基本的には、地震が起きても倒壊しない作りになっていることが大前提です。

□まとめ

以上、耐震性の高い家の特徴、どれくらいの基準を満たしているべきなのかについてご説明しました。
新築住宅の購入を検討中の方は、ぜひ上記を参考に、耐震について今一度考えていただけると幸いです。

ページトップへ
土地情報 資料請求