ブログ

住宅の耐震基準!地震対策の後方に違いがある事はご存知でしょうか?

住宅は家族の日々の生活を支えてくれるものです。
住宅の購入を検討中の方にとって、住宅の耐震基準は非常に気になるところだと思います。
地震の多い日本では特に、この耐震については気にしたいところですよね。
住宅に施す地震対策の工法には、耐震・制震・免震の3つの種類があります。
住宅を購入する際に、これら3つの違いに関して知っておくことは大切です。
そこでこの記事では、耐震・制震・免震の3つの違い、今の住宅で最も多く採用されている基準についてお話します。

□耐震・制震・免震について

*耐震とは

耐震とは、住宅を構築している壁や柱を強化したり、補強材を入れることにより、建物自体の強度を上げ地震の揺れに対抗する工法です。
建物の倒壊を防ぎ、住人が避難できる、もしくは地震の後も問題なく生活ができる構造となっています。
耐震構造の特徴としては、建物の倒壊、損壊はないが、繰り返しの揺れで建物の損傷が増していく恐れがある。
また、震災後の修繕にコストがかかる恐れがあるという点です。

*制震とは

建物内部に振動低減装置を組み込んで、地震による揺れをその振動低減装置に吸収させ、振動を抑える工法になります。
建物が地震の揺れを一度受け止め、制震装置が素早くその力を吸収します。
制震の特徴は、地震による建物の変形を抑えることができる、繰り返しの揺れも強い、風揺れ対策にも効果がある点です。

*免震とは

免震工法では、建物と基礎の間に免振装置を組み込みます。
免震装置を使い、建物を地盤から絶縁することで、揺れを受け流して直接的に影響を与えない工法になります。
地震発生時は、この免振装置が変形し、激しい揺れをゆっくりとした揺れに変え、被害を少なくしてくれます。
免震構造の特徴としては、ゆっくり揺れるため、外壁や間仕切り壁、天井材などの碑構造物の落下や破損を防げることや、定期点検、大地震直後は臨時点検が必要な点です。
軟弱地盤や液状化の恐れのある地盤には向かない場合があるということも挙げられます。

□現在の住宅で採用されているのは?

現在の多くの住宅で採用されているのは、耐震工法です。
地震に対して「建築物が倒壊せず、住人が避難できること」を前提とした作りになっています。

□まとめ

以上、耐震・制震・免震の3つの違いと、今の住宅で最も多く採用されている基準についてお話しました。
ぜひこの記事を参考に、住宅を建てる際は、耐震だけでなく、免震・制震といった工法にも目を向けていただけたらと思います。

ページトップへ
土地情報 資料請求