ブログ

新築の省エネ性能の効果って?30年間暮らした際のコストの違い!

新築住宅の購入を検討中の方、もしくは省エネ性能を持った住宅について興味のある方はいらっしゃいませんか?
省エネ性能に特化した住宅は、消費エネルギーや家を維持していく費用を抑えることができ、近年注目を浴びるようになってきました。
実際に、省エネ性能に特化した住宅に暮らした場合と断熱のされていない一般の住宅で暮らした場合には、どのくらい費用の差があるのでしょうか。
今回の記事では、断熱性能を基準に、省エネ性能に特化した住宅と断熱していない一般の住宅の30年間の費用の違いについてお話します。

□省エネ住宅に必須な断熱性能とは

省エネ住宅に欠かせないものが、断熱材です。
断熱材があることにより、日々の光熱費を抑えることができます。
断熱材は外気を遮断して、室内の温度を一定に保ってくれる断熱性能を持っています。
暑い時には涼しく、寒い時には温かく室内の温度を保ってくれるのです。
これには、気密性の高さも関係しています。
気密性の高さにより、湿気の多い時期などには、外の湿気を室内に入れないための機能を果たしています。
また、空気が分散するのを防ぎ、室内の風通しを良くする機能も兼ね備えています。

□省エネ住宅と断熱していない一般住宅での30年のコスト

上記の断熱性能を基準に、省エネ住宅と断熱していない一般住宅の30年のコストの違いについて、お話していきます。

省エネ住宅は、断熱がしっかり施されているので、1年にかかる光熱費は約5万円です。
それが30年なので、150万円になります。
また、断熱されているので、20万円の小さなエアコン1台で十分です。
これを10年に1回買い替えると考えて、3×20の60万円です。
省エネ住宅では、光熱費と設備費併せて30年間で、210万円で済む計算になります。

反対に、断熱されていない一般住宅だと、光熱費は1年13万円で、30年間で390万円かかる計算になります。
また、断熱されていないため、大きなエアコンが3台必要と考え、3回買い替えることを想定し40×3の120万円です。
断熱されていない一般住宅だと、光熱費と設備費併せて30年間で、510万円かかる計算になります。

省エネ住宅と、断熱が施されていない一般住宅では、約300万円の差が出ます。

□まとめ

以上、断熱性能を基準に、省エネ性能に特化した住宅と断熱していない一般の住宅の30年間の費用の違いについてお話しました。
住宅の購入をお考えの方は、ぜひ一度、省エネ住宅を検討されてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ
土地情報