ブログ

新築住宅を快適な住宅にするためには?快適にするための構造について!

新築住宅の購入を検討中の方、新しく家を購入するならできるだけ快適に過ごすことのできる構造にしたいですよね。
快適に過ごす方法については様々なものがありますが、今回の記事では、気温や湿度といった室内の空調などに視点を当ててお話します。
住宅内の気温や湿度を適切に保つことは、心地よい生活を維持するために欠かせないことです。
特に、湿気の多い日本の気候は外気を遮断することは重要になってきます。
今回は、夏涼しく、冬暖かい心地よい住宅にするための断熱材の重要性についてご紹介します。

□断熱材の重要性

*室温を一定に保ってくれる

断熱材を住宅に用いることで、室温を一定に保つことができます。
外が暑ければ室内は涼しく、外が寒ければ室内は暖かくできます。
これらの機能により、様々なメリットが生まれてきます。

1つ目は、光熱費を抑えるられることです。
断熱材によりある程度、室内の温度を管理することができれば、暖房や冷房は必要なくなってきます。
それらにかかっていた電気代や、設備の維持費といったものも節約することもできます。

2つ目は、健康を維持することができるという点です。
住宅内で暖房が効いている部屋と、効いていない部屋との寒暖差により、ヒートショック現象が引き起こされる可能性があります。
ヒートショック現象は、急激な気温の変化によって、血圧が乱降下したり脈拍が変動することで、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす可能性があるものです。
これらは特に、冬の時期に起こりやすいと言われています。
断熱材を用いれば、室内の温度をどこでも一定に保つことができ、寒暖差をなくすことができるので、ヒートショック現象を防ぐことができます。

*気密化を高め、空気の出入りをスムーズにする

気密化とは、住宅の隙間をなくすことです。
気密性を高め、空気の出入りや熱の移動を減らすことにより、室内の温度を一定に保つだけでなく、内部結露を防ぎます。
内部結露とは、水蒸気を蓄えた温かい空気が壁の内部に侵入し結露することで、柱や土台を腐らせる原因となるものです。
気密性を高め、空気の出入りをしにくくすることで、この内部結露を防ぐことができます。

□まとめ

以上、心地よい生活を維持してくれる、断熱材の重要性についてお話しました。
断熱材は、心地よい生活を維持するだけでなく、住宅自体の維持のためにも必要なものです。
新築住宅の購入を考えている方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ
土地情報