ブログ

鳥取で新築を購入したい!防音対策のコツをご紹介します!

鳥取で新築の購入をご検討中の方で、防音についてお悩みの方は多いのではないでしょうか。
新しい住宅で安心して生活していくためには、防音対策を行うことが必要です。
そこで今回は、新築の購入にあたり知っておきたい防音対策についてご紹介します。

□新築を購入する際に役立てたい防音の原理について解説

防音対策を始める際は、防音の原理を知っておくことが役立ちます。
ここでは、防音の原理を簡単に解説します。

防音対策には様々な方法が存在しますが、ほとんどのものは同じ原理を用いられています。
その原理とは、魔法瓶のような空間をつくりだすことです。

魔法瓶は、瓶内の液体の温度を長い間ほぼ一定に保てることが特徴です。
その具体的な仕組みは、瓶の内側と外側の間に空気の層をつくり、外から瓶への熱の出入りを防いでいます。

この原理と同じように、住宅においても壁の内側と外側との間に隙間をつくることで、音による振動を外へ伝えにくい状態を実現できます。
防音対策は、オーディオルームや楽器室をつくるためや住宅内への騒音の出入りを防ぐためなど、目的によって方法が変わることも押さえておきましょう。

□防音対策を行うために参考にしたい事例をご紹介

次に、実生活に役立つ防音対策の事例をご紹介します。

1つ目にご紹介するのは、高気密で高断熱の住宅をつくることです。
住宅の気密性と断熱性を高めることで、住宅内への騒音の出入りを防げます。
そのため、新築を購入する際にこれらを重視してみることをおすすめします。

2つ目にご紹介するのは、防音性が高い住宅構造を採用することです。
住宅の防音性を高める方法として、鉄筋コンクリートが用いられた構造を採用することが挙げられます。
木造住宅にこだわらない方は、ぜひ参考にしてみてください。

3つ目にご紹介するのは、騒音が少ない間取りを実現することです。
住宅の間取りを考える際に、騒音が出やすいトイレや浴室の配置を工夫してみてください。
これらの配置先は、寝室やリビングから離れた場所にすると良いですね。

4つ目にご紹介するのは、畳を採用することです。
畳は遮音性に優れています。
そのため、畳を採用して和室をつくってみることをおすすめします。

□まとめ

今回は、鳥取で新築の購入をお考えの方に向けて防音対策をご紹介しました。
防音対策を行う際は、防音の原理について理解しておくことが大切です。
また、それに加えて今回ご紹介した防音対策の事例もこれからの暮らしにお役立てください。

ページトップへ
土地情報