ブログ

新築に収納スペースはどれくらい必要?鳥取在住の方へ収納計画について解説します

「新築で収納スペースを作りたいが、どれくらい必要か分からない」
「収納計画の注意点を知りたい」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
収納スペースは住まいにとって重要な要素ですが、後回しになりがちですよね。
そこで、新築一戸建ての収納計画の立て方と、計画を立てる際の注意点を解説します。

□新築の収納計画を立てるポイントについて

収納スペースは家の中でも目立たない部分なので、真剣に考えていなかった方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、整理された部屋を保つためにも、収納は欠かせません。
そこで、収納計画のポイントについて2つ解説します。

*収納量を確認する

まずは家にあるものの量をざっくり把握することから始めましょう。
家にあるものの中で平均2割を定期的に使い、残り8割は収納することを前提に考えるとイメージしやすいです。
また、現在持っているものだけでなく、将来増えそうなものを想定するとより精度が上がりますよ。

*場所を決める

次は収納する場所を考えます。
この際には、どの場所で何を使っているかを確認しながら、場所を特定してください。
例えば予備のバスタオルは脱衣所付近の収納場所に、備蓄食料はシューズクロークにそれぞれしまうことが予想されます。
このような要領で場所を特定していくと、非常に便利な収納スペースを作れるでしょう。

□収納づくりの際に考える注意点とは

次に計画を立てる際の注意点について解説します。
収納スペースをただ計画すればいいと思う方も多いかもしれませんが、いくつか注意点を押さえることでより実用的なスペースを作れます。

1つ目は将来の生活様式を想定したうえで間取りを考えることです。
例えばロフトに収納スペースを作ると部屋にゆとりが生まれますが、はしごや階段の上り下りを将来も続けられるかを考えると最適な場所ではないでしょう。

2つ目は設計の際に生活動線を考えることです。
家事や生活の動線を考慮すると効率よく片付けが進みますし、必要なものをすぐに取り出せるので生活がより快適になります。

3つ目は幅や奥行き、高さを確認することです。
その場所に収納したいものをあらかじめ想定し、量と大きさをイメージしながら間取りの計画を進めましょう。

□まとめ

この記事では、新築の収納計画について解説しました。
計画を立てる際は上記に述べた2つを意識すると、効率的に計画を進められますよ。
また、3つの注意点は盲点になりがちなので必ず確認するようにしましょう。
この記事を収納計画の参考にしていただけると幸いです。

ページトップへ
土地情報 資料請求