ブログ

新築一戸建てにかかる費用の内訳とは?鳥取にお住まいの方へ向けて解説!

新築一戸建ての費用について気になっている方はいらっしゃいませんか。
家を建てたい気持ちはあっても何から手を付けたら良いのか分からず、不安になりますよね。
不安要素として費用面が大きいのではないでしょうか。
そこで今回は、新築一戸建てにかかる費用や予算を考える時のポイントについて解説します。

□新築一戸建ての費用の内訳について

家を新しく建てる際の費用の内訳は3つに分かれます。

1つ目に、建物自体を建てるうえでかかる工事費用です。
この費用は3つのうちの大部分を占め、費用全体の8割近くになります。

建物の構造づくりや、屋根や窓などといった様々な取り付け作業が含まれます。
広告などで目にする、いわゆる住宅価格はこの工事費用を示していることが多いです。

そのため、表示価格だけで家が建つわけではありません。
あくまで総費用の8割程です。
住宅価格だけを参考にして、思わぬ出費が重なってしまったということがないように覚えておきましょう。

2つ目に、別途でかかる費用で、総費用の1.5割程です。
電気、エアコン、門の取り付け工事がここに含まれます。

3つ目に、建物関係以外の諸費用で、全体の0.5割程です。
引っ越しをする上では様々な手続き費用や税金関係の出費が発生します。
予想外の出費にならないためにも、あらかじめ把握しておきましょう。

□予算を決めるうえでのコツやポイントについて

1つ目に、内訳ごとに金額を定めましょう。
内訳のバランスも考慮した上で、おおよその上限金額をそれぞれ決めておくと良いです。

2つ目に、出費が発生するタイミングを事前に調べて把握しておきましょう。
家を建てることを決めてから、実際に入居するまでにはかなりの期間がありますよね。
どのタイミングでどれくらいの費用が必要になってくるのか、事前に把握しておくことで、無理なく家を建てられます。

以上の2点が、予算を決める際のポイントです。
どちらも共通して言えることは、事前準備や下調べの大切さでしょう。
引っ越しは大きな金額が動くものですよね。
だからこそ、工事の契約を行う前に、見通しを立てておくことが非常に重要です。

□まとめ

今回は、新築一戸建てを建てたいと考えている方へ、知っておくべき情報をお届けしました。
費用面の不安について、解消に繋がったのではないでしょうか。
どのように予算を立てていけばよいのかについてご紹介し、予算を立てる際のポイントについても解説しました。
ぜひこれらを参考に、新築一戸建ての建築をご検討ください。

ページトップへ
土地情報