ブログ

鳥取で新築を建てたい方へ!水回りの間取りで失敗しないためには?

「水回りの間取りを決めたいが、失敗しそうで不安」
「水回りを使いやすい間取りにしたい」
このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。
水回りは生活の大部分を占めるので、間取りはとても重要です。

そこで、今回は新築一戸建てにおける水回りの間取りの失敗例と、使い勝手を良くするアイデアを解説します。

□水回りの間取りの失敗例について

水回りの間取りの設計を真剣に考えなかったため、後悔の残る間取りになってしまったケースはとても多いです。
失敗しないためにも、事前に失敗例を確認しておくことをおすすめします。

1つ目はトイレと寝室との距離を失敗した例です。
遠すぎると移動が面倒ですし、また近すぎると水を流す音で起きてしまうこともあります。
寝室からの距離を考慮し、上手にトイレの間取りを決めましょう。

2つ目は洗面所が小さすぎる例です。
これは家族の人数が多い場合、特に考慮する必要があります。
身支度は洗面所で行うことが多いので、洗面所はゆとりを持って設計することで朝の混雑を防げます。

3つ目はキッチンと玄関が遠すぎる例です。
キッチンの間取りを決める際には、家事の動線だけでなく外から帰ってきた際の動線も考えるようにしましょう。
購入した食料を冷蔵庫にしまうのに、キッチンがあまりに遠いと不便だからです。

□使いやすい水回りのアイデアとは

次に使いやすい水回りのアイデアについて解説します。
水回りの計画は使いやすい家にするためにも特に大切なので、事前に活かせるアイデアを知っておきましょう。
2点紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

*物干しスペースを設ける

洗濯機を設置する場所と物干しスペースが遠いと不便ですよね。
そこで洗濯機に隣接する形で物干しスペースを設けると、家事が楽になります。
さらに除湿器を利用できるようにすると、洗濯日和りでないときも問題なく乾きます。

*洗面所とキッチンを隣接させる

家事要素の大部分は料理と洗濯が占めています。
洗面所とキッチンを近くすることで家事動線を確保し、時間短縮にもつながるのでおすすめです。
間に扉を一つ設けて、直接つながる間取りに設計すると使い勝手が良くなるでしょう。

□まとめ

この記事では、新築一戸建てにおける水回りの間取りを解説しました。
失敗例を事前に確認して、水回りの間取りをスムーズに決めましょう。
上記で紹介した2点のアイデアもぜひ活用してみてください。
この記事を水回りの間取りを決める際の参考にしていただけると幸いです。

ページトップへ
土地情報 資料請求