ブログ

注文住宅の間取りは動線を意識しよう!鳥取にお住まいの方必見です!

家を建てるうえで避けては通れないのが間取りで、間取りにおいて大切な要素が動線です。
そこで今回は、家を建てるうえで重要な動線についてご紹介していきます。

□動線に配慮した間取りを考える上で注意したいポイントをご紹介!

動線を考えるうえでは、いくつか注意したいポイントがあります。
これから、それらのポイントをご紹介していきます。

一つ目が、家事動線と生活動線は近づけないということです。
生活動線と家事動線を近づけてしまうと、部屋の出入り口などの狭い場所で衝突したり、スムーズに移動しづらくなったりする恐れがあります。

二つ目が、生活動線より家事動線を優先させるということです。
家事は負担が大きいため、生活動線よりも優先させてできるだけスムーズに移動できるように設計するのがおすすめです。
特に、掃除や洗濯などの重労働となる家事は、作業場所をできるだけ近くに設けて負担を軽減させるのが良いでしょう。

□こんなにある!動線の種類をご紹介!

実は、生活動線や家事動線などの良く知られている動線以外にも、さまざまな動線があります。
ここからは、それらの動線をいくつかご紹介していきます。

一つ目が通勤動線です。
会社へ行くお父さん、学校へ行くお子さん、それを送り出すお母さんと朝はとても忙しくなりますよね。
家族それぞれが支度をしなければならないので、動線を工夫しなければ住宅内で渋滞を起こしてしまいます。

それを回避するときに考慮すべきなのが通勤動線です。
朝の混雑が予想できる洗面所などは通路を広めにとるのがおすすめです。

二つ目が、来客動線です。
来客動線は、来客が玄関からリビングや客間に移動するまでの動線で、来客が多いご家庭は特に注意が必要です。
ポイントは、来客が移動する玄関からリビングまでの間にプライベートなものが見えないようにすることです。
例えば、洗面所や浴室が来客動線にあるとお客さんに見られて恥ずかしい思いをする恐れがあるので、避けたほうが良いでしょう。

また、オープンキッチンにも注意が必要です。
開放的な雰囲気で人気のオープンキッチンですが、急な来客の際にキッチンが片付いていないのが丸見えになってしまったという失敗例もあります。

□まとめ

今回は、動線に配慮した間取りを考える上で注意すべきポイントをご紹介しました。
このポイントを意識して、後悔の無い間取りにしてくださいね。
また、動線の種類もご紹介しました。
全ての動線を意識するのは難しいかもしれませんが、優先順位を考えてあなたに合った動線を意識して理想の家を建ててくださいね。

ページトップへ
土地情報 資料請求