ブログ

土地探しの方法や注意点を解説!鳥取で注文住宅の購入を考えている方必見です!

「家を建てようと考えているけれど、何から手を付けたら良いかわからない」という方はいませんか。
家を建てる際に避けては通れないのが土地探しです。
そこで、今回は土地探しの方法や注意点についてご紹介していきます。

□こんなにある!土地探しの方法をご紹介!

一つ目はインターネットサイトです。
不動産のポータルサイトやホームページから土地を探すという方法です。
希望条件を入力できるサイトもあり、ある程度の希望条件が絞れている方は手軽に情報を得られておすすめです。

また、一度にたくさんの情報を比較、入手できるのも魅力です。
しかし、専門家に相談できるわけではないので、悩んでいるうちに良い土地が売れてしまうという恐れもあります。

二つ目は、自分で希望エリアを歩いて「売地」を探すという方法です。
住みたいエリアが決まっている場合、周辺の環境を肌で感じながら現地を歩いて売地を探すのも一つの手です。
売却中の土地の場合は、現地に「売地」などと表記された看板が立っていることも多いので、目印になるでしょう。
まだネットに掲載されていない掘り出し物が見つかる可能性もあります。

しかし、時間と労力がかかるうえ、そのような土地に出会える確証はないので、この方法だけに頼るのはおすすめできません。

三つ目が、工務店や不動産会社に依頼することです。
工務店に土地探しを依頼すると、実際に家を建てたときの具体的なイメージをもって土地購入を検討できます。
不動産会社は、豊富な情報量の中から自分に合った土地を選んでくれるため、ご自分で決めるのが大変だという方におすすめです。

□土地探しの注意点についてご紹介!

一つ目は、建ぺい率と容積率です。
建ぺい率とは、土地の面積に対する建物の建築面積(多くは建物の一階部分の面積)の割合、容積率とは延床面積(各階の面積の合計)の割合です。
建ぺい率と容積率によって、その敷地にはどのくらいの広さの何階建ての家が建てられるのかが決まります。

二つ目は、高さ制限などの建築制限です。
土地にはそれぞれの広さや形などによって、高さ制限や日影規制などの建築制限があります。
理想の家を建てる際にネックとなる制限がないか確認しておくのがよいでしょう。

三つめは、宅地造成区域です。
森林や山などを開拓した土地は、宅地として使う際には傾斜をならす工事が必要な場合があります。
工事費用も掛かり、その工事には自治体の許可も必要なので注意してください。

□まとめ

今回は、土地を探す方法と注意点についてご紹介しました。
この記事を参考に、あなたも後悔の無い土地探しをしてくださいね。

ページトップへ
土地情報