ブログ

鳥取在住で注文住宅の購入を検討している方へ!家事を楽にする間取りをご紹介!

注文住宅をお考えの方の中で、間取りに悩んでいる方はいませんか。
間取りを決める際に重要となるのが動線です。
その中でも、暮らしの中で重労働となる家事を楽にする間取りを考えたいですよね。
そこで今回は、家事の負担を軽減する間取りのポイントをご紹介していきます。

□家事の負担を軽減するためのポイントとは?

間取りを工夫するだけで、日ごろの家事の負担が圧倒的に軽くなります。
これからは、そのための間取りのポイントをご紹介していきます。

家事の負担を軽減するための間取りのポイントとは、ズバリ無駄のない家事動線です。
家事動線とは、家事をするときに移動する経路のことです。
家事は、料理をしながら洗濯、子供の世話をするなどの同時並行も多く、気づけば同じ場所を何往復もしていたということもあります。
これを避けるために、キッチンや脱衣所、洗濯物を干す場所などを近い場所に配置し、移動を短縮できる間取りを考えるのがおすすめです。

□家事動線を意識した間取りの例をご紹介!

間取りのポイントをご紹介したところで、これからは実際に家事動線を意識した間取りの例をご紹介します。

一つ目が、キッチンと水回りは近い場所に配置することです。
こうすることで、料理をしながら洗濯機を回したり、お風呂掃除をしたりなどの同時並行での家事が楽になります。
また、小さなお子さんがいるご家庭は、キッチンで家事をしながら、トイレやお風呂を使用するお子さんを見守りやすいです。
さらに、配管が集中するので、建築費用の節約にもなります。

二つ目が、洗濯室を設けて、それをウォークインクローゼットと隣接させることです。
梅雨や花粉の時期は、洗濯物を外に干すのが難しいですよね。
それを回避するために、室内干し用の洗濯室を間取りに組み込んでみるのも一つの手です。
洗濯機から近い場所に洗濯室を設置すれば、一年中快適に洗濯物が干せます。

更に、それに隣接してウォークインクローゼットを設ければ、洗って干して収納するまでが最短の家事動線で完了します。
また、ウォークインクローゼットで衣類を一度に管理できると、家族の衣類の過不足を把握しやすくなります。
その結果、無駄な衣類を買わずに済み、経済面でもメリットがあります。

□まとめ

今回は、家事の負担を軽減する間取りのポイントとして、家事をする際の移動の無駄をなくすことをご紹介しました。
また、家事動線を意識した間取りの例もご紹介しました。
この記事を参考に、家事の負担を軽減する間取りを考えてみてくださいね。

ページトップへ
土地情報