ブログ

注文住宅における収納の失敗とは?鳥取在住の方必見です!

鳥取で注文住宅をお考えの方はいませんか。
注文住宅は自由度が高い分、様々なことに配慮しないと失敗する可能性があります。
中でも、収納は家をすっきりと保つのに重要な反面、失敗例が多いです。
そこで今回は、注文住宅における収納の失敗をご紹介していきます。

□収納の失敗例をご紹介!

ここからは、実際に起きた収納の失敗例をご紹介していきます。
ここに書いてあることを反面教師として、注文住宅の設計に役立ててくださいね。

一つ目は、使う場所の近くに収納を設置するべきだったというものです。
せっかく収納を設けても、使うべき場所から離れたところに設置してしまうと無駄な移動が増えてしまい、日々のストレスになりかねません。
収納は、使う場所の近くに設けることが重要です。
特に、掃除機といった大きめの道具は、どこに使うのかを書き出してから収納場所を決めるのがよいでしょう。

二つ目が、ウォークインクローゼットに意外と服が収納できないというものです。
ウォークインクローゼットは内部に通路の面積を設ける必要があるため、空間の割にはあまり服を収納できない可能性があります。
部屋が狭い場合は、壁面収納にしたほうが効率が良い場合もあるので、慎重に検討することをおすすめします。

□失敗を避けるために注意すべきポイントをご紹介!

収納の失敗例をご紹介したうえで、ここからは失敗を避けるために注意すべきポイントをご説明していきます。

一つ目が、しっかりと収納計画をするということです。
ポイントは、それぞれの部屋に何を収納するのかを明確にすることです。
特に、ひな人形やこたつ、予備の布団など、かさばるものはきちんとサイズを測って固定の場所に収納するよう計画します。

収納は量より質が重要です。
収納を増やせばそれだけ物が増える可能性があるため、今あるものをきっちり収めることを意識して配置しましょう。

二つ目が、家事動線と生活動線に配慮するということです。
これは、家事や実際の生活をイメージし、効率よく移動できる間取りや収納にするということです。
この際、動線は短くシンプルにすることが重要です。
また、二つの動線が互いに邪魔をしないような動線にすることも重要です。

□まとめ

今回は、収納の失敗例をご紹介しました。
収納を決める際は使う場所を意識し、ウォークインクローゼットは慎重に検討することをおすすめします。
また、失敗を避けるために注意した方が良いポイントもご紹介しました。
綿密に収納計画を立て、家事動線と生活動線に配慮した収納を考えてみてくださいね。

ページトップへ
土地情報