ブログ

間取りを決める際のコツとは?鳥取で注文住宅をお考えの方必見です!

注文住宅をお考えの方の中で、間取り決めに悩んでいる方はいませんか。
間取りは暮らしの快適さの決め手にもなる重要なポイントです。
しかし、どのような間取りが快適に暮らせるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、注文住宅の間取りを考える際のコツと注意点をご紹介していきます。

□注文住宅の間取りを考えるコツを2つご紹介!

一つ目が、家族の意見をまとめて整理するということです。
書斎が欲しいお父さんや、別々の子供部屋が欲しい子供たちなど、全員で意見を出し合って整理することが大事です。
また、要望だけでなく、「こんな間取りは不便だから避けたい」というような不満も出し合うことで後悔の無い間取りになりそうです。

二つ目が、優先順位を決めるということです。
家族全員の意見を整理したら、優先順位を決めていきましょう。
全部の意見を叶えるのが理想ですが、そうなるとコストもかさみ現実的には難しいでしょう。

そこで、前もって家族で話し合い優先順位を決めておくのがおすすめです。
譲れないこだわりや妥協できるところを明確にしておくと、設計がスムーズにできます。

□間取りを決める際の注意点をご紹介!

一つ目が、生活動線です。
生活動線とは、普段の生活での移動の流れを言います。
例えば、料理をしながらお風呂掃除をするとき、キッチンから浴室への移動などが生活動線にあたります。

この生活動線という概念は、暮らしやすい家には欠かせません。
生活動線を考える際には、実際の暮らしをイメージして、そのライフスタイルに合った間取りにするのが良いでしょう。

二つ目が、日当たりです。
南側に建物が建っていると陽が入りづらいですが、設計の工夫次第で明るい部屋にできます。
具体的には、光が入りやすい吹き抜けの窓や、天候に左右されづらい北窓を配置することで、十分な光が取り込めます。

しかし、日当たりが良すぎるのも注意が必要です。
日当たりが強すぎると、まぶしくてテレビが見にくくなったり、床材の劣化が早まったりする可能性があります。
そのため、南側も北側もバランスよく陽が当たるように設計することをおすすめします。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りを考えるコツをご紹介しました。
家族の意見をまとめて優先順位をつけることで、納得のいく間取りがスムーズに決められるでしょう。
また、間取りを決める際の注意点についてもご紹介しました。
この記事を参考に、あなたの暮らしを快適にする間取りを考えてみてくださいね。

ページトップへ
土地情報