ブログ

鳥取で新築を検討している方へ!コストダウンの成功事例と注意点をご紹介!

新築を検討する際に気になることの1つは、その費用ではないでしょうか。
希望は叶えつつも、可能な限りコストダウンしたいですよね。
そこで今回は、成功した事例を交えながらコストダウンの注意点をご紹介します。
鳥取で新築をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

□コストダウンの方法とは

ここでは、コストダウンの方法を3つご紹介します。

*凹凸を減らす

1つ目は、シンプルな真四角の家にすることです。
凸凹が多い家に比べて真四角に近い家は、基礎工事や外壁工事をはじめとしたさまざまな部分で大幅なコストダウンが見込めます。

*上下階の床面積を同じにする

例えば、1階の床面積が70平方メートルで2階が30平方メートルの住宅と、1階と2階が両方とも50平方メートルの住宅があるとします。
2つの住宅の延べ床面積は、共通して100平方メートルですが、後者の方が建築費用が抑えられます。
その理由は、1階が広いと基礎工事の範囲が広くなることに加え、上下階の床面積の違いにより屋根の工事が複雑になるためです。

*間仕切りやドアを減らす

部屋数が多い家と少ない家を比べると、同じ広さでも後者の方が建築費用を抑えられます。
そのため、間仕切り壁やドアを少なくすることもコストダウンする有効的な手段の1つでしょう。
また、収納扉をなくしても良いかもしれません。

□コストダウンしない方が良いところとは?

むやみやたらにコストダウンすると、住みにくくなったり、住宅の性能が悪くなったりするかもしれません。
ここでは、コストダウンをおすすめしない箇所を解説します。

1つ目は、水回りです。
皆さんの中には、水回りだけ違う会社に依頼したいとお考えの方もいるかもしれません。
しかし、大事な水回りの工事は住宅の施工会社に任せることをおすすめします。
金額にとらわれて違う会社に頼むと、スケジュール管理が難しくなったり、設計の取り違えが発生したりするためです。

2つ目は、外壁です。
雨風にさらされる外壁は、劣化が早いため10年に一度は塗り替えが必要です。
外壁の耐久性が低いと、シロアリの被害を受けたり、雨漏りしたりするでしょう。
外壁をきれいな状態に保つためには、費用を惜しまず丈夫で機能性が高いものを選ぶのが賢明です。

3つ目は、外構工事です。
駐車場以外にも、門扉や塀、柵を取り付ける工事ですが、工事費用は決して安くありません。
しかし外構工事で手を抜くと、防犯対策が疎かになってしまいます。
費用を抑えるにしても、最低限のプライバシーが守られるような造りを意識しましょう。

4つ目は、地震対策装置です。
地震が多い日本において、地震対策がなされていない家には住みたくありませんよね。
命にも関わるため、地震対策装置でコストダウンすることはおすすめできません。

5つ目は、セキュリティ面です。
地震対策と同様に、危険が伴うためセキュリティ面でコストダウンすることは、避けた方が良いでしょう。
例えば、割れにくい窓やドア、安全性の高い鍵を検討することをおすすめします。

□まとめ

本記事では、コストダウンの方法や注意点をご紹介しました。
新築を建てる際は誰もが気になる建築費用ですが、削れるところとそうでないところを見極めることが大切です。
本記事を参考にして、予算計画を見直してみてください。

ページトップへ
土地情報