ブログ

鳥取で新築の購入を検討している方へ!リビングでのカーテンの選び方をご紹介します

リビングは家族の団らんの場であり、くつろげる場所です。
あなたの家族のかたちにあわせたリビングにしたいですね。

リビングのカーテンだけでも非常に雰囲気が変わります。
そこで、リビングのカーテンの選び方について紹介します。

 

□リビングのカーテンは部屋にあったものにしましょう

*洋風のリビングのカーテン

フローリングに白いカーテンの組み合わせは洋風のリビングによく見られますね。
リビングの壁紙や家具の雰囲気に合わせる・窓を目立たせる・部屋を落ち着かせるという選び方をすると良いでしょう。

部屋を落ち着かせるには色味や素材を考える必要があります。
雰囲気のイメージカラーを考え、カーテンを家具などと統一した雰囲気にすると良いでしょう。

窓を目立たせるならオレンジや柄のついたカーテンが良いでしょう。
リビングを落ち着かせるなら、ベージュやアイボリーが定番です。

 

*和風のリビングのカーテン

和風のリビングに障子ではなくカーテンをつけるというアイデアもあります。
畳の過ごしやすさをリビングで体感できるメリットがありますね。

和風のリビングの場合のカーテンはベージュやグリーンのものが雰囲気に合いますね。
部屋の雰囲気と溶け込むように、素材は天然素材のものを選ぶといいでしょう。

 

□リビングのカーテンは落ち着く色を選びましょう

リビングは家族の集まる場です。
リビングが落ち着かないとそれぞれの部屋に引きこもりがちになってしまうかもしれません。

落ち着く色にするには、温もりを感じるベージュ系がオススメです。
仕事の日も、休日の日も「やっぱり家が落ち着くな。」と思えるリビングにしたいですよね。

部屋は広いほうが開放感がでます。
とはいえ部屋を広くするにも限界がありますよね。

そこで部屋を広く見せるテクニックを紹介します。

 

*部屋を広く見せるテクニック

白は大きく見せる効果があり、逆に黒には引き締める効果があります。
この特性を活かせば簡単にリビングを大きく見せれます。

家具を全て黒系の色に統一させ、カーテンを白色にすればリビングが大きく見えます。
これをアレンジすれば家族が好む部屋で大きく見せられるでしょう。

 

□まとめ

カーテンの選び方を理解していただけたかと思います。
リラックスできるリビングにするために、落ち着きのある色をカーテンにすることをおすすめします。

ご紹介したのはリビングのカーテンの選び方の本質です。
リラックスして家族と過ごすために、まずは家族と話し合い、カーテンを選んでみましょう。

ページトップへ
土地情報