ブログ

鳥取で注文住宅を建てる予定の方に吹き抜けについて解説します!

「吹き抜けの費用はいくらかかるのか。」
「吹き抜けのメリットについて知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
吹き抜けを作るとおしゃれで開放感がある家になります。

そこで今回は、吹き抜けのメリットとデメリットについて、鳥取のアイホームズがご紹介します。

□吹き抜けのメリットとデメリットをご紹介

吹き抜けには魅力的なメリットがある反面、デメリットもあります。
以下に紹介する2つの要素を比較しつつ検討してみてください。

*メリットについて

1つ目は、家全体が明るくなることです。
吹き抜けを作る場合、本来であれば壁や天井がある位置に窓を設置します。
そのため、自然光を取り込みやすくなり、家全体が明るくなるでしょう。
また、昼間に電気を付けなくても良くなるため、電気代が安くなります。

2つ目は、開放感がある家になることです。
吹き抜けを作ると、天井が高くなり開放感を感じられます。
また、開放感があることで、部屋全体を広く見せられるでしょう。

3つ目は、おしゃれな家になることです。
注文住宅を建てるなら、おしゃれな家にしたいとお考えの方も多いですよね。
吹き抜けがあれば、天井からインテリアを吊るしたり大きめのカーテンを設置したりと自分好みにアレンジできます。
また、和洋どちらにも吹き抜けは合うため、部屋の種類にかかわらずおしゃれな雰囲気を作れるでしょう。

*デメリットについて

1つ目は、掃除が大変になることです。
高い位置に窓を設置するため、手が届かないでしょう。
掃除をする場合は、業者に掃除を依頼するか足場を組む必要があります。

2つ目は、光熱費が高くなることです。
部屋の面積が広くなるためエアコンが効きにくくなり、光熱費が高くなるでしょう。
冬は暖かい空気が上に行ってしまうため、部屋が暖まりにくいというデメリットもあります。

3つ目は、プライベートが確保しにくいことです。
生活音が伝わりやすく、2階の部屋にいても1階の音が聞こえる可能性が高いです。
また、においも伝わりやすくなるでしょう。

□吹き抜けの費用相場を紹介

注文住宅を建てる際に設置する場合、2坪でおよそ100万円〜150万円が相場です。
しかし、吹き抜けではエアコンの効きを良くするために断熱塗装を行ったり照明器具を設置したりする場合が多いため、追加で費用がかかることが多いです。
そのため、これらのオプションを考慮すると、200万円程度が費用相場と言えるでしょう。
あくまで目安ではありますが、1つの基準にしてみてください。

□まとめ

今回は、吹き抜けのメリットとデメリットや、費用の目安についてご紹介しました。
デメリットも考慮しつつ、ぜひ吹き抜けの導入を検討してみてください。
注文住宅についてなにかお困りのことがございましたら、アイホームズまでお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ
土地情報