ブログ

新築住宅の屋根を片流れにしませんか?鳥取にお住まいの方に向けて紹介!

「新築住宅の屋根を個性的にしたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
近年では、さまざまなデザインの屋根が増えています。
その中でも、片流れ屋根はユニークかつスタイリッシュな見た目をしているためおすすめです。

そこで今回は、鳥取にお住まいの方に向けて、片流れ屋根について解説します。

□片流れ屋根とは

片流れ屋根とは、屋根が1方向に向かって傾斜している形状の一枚板でできた屋根を指します。
見た目はシンプルですが、非常にモダンでスタイリッシュなデザインです。
元々、物置や小さな建物の屋根として採用されることが多かったのですが、最近ではそのユニークさから住宅にも採用されつつあります。

□片流れ屋根のメリットとデメリットを紹介

このように近年人気が高まっている片流れ屋根にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
それぞれ確認していきましょう。

*メリットについて

1つ目のメリットは、太陽光パネルを取り付けられる点です。
片流れ屋根は、1方向に傾斜していることで他の屋根と比べて屋根面積が広いです。
その形状の特性から、太陽光パネルを多く取り付けられます。
さらに、屋根の傾斜を南向きにすることで、効率的に太陽光発電ができるでしょう。

2つ目のメリットは、初期費用を安く抑えられる点です。
片流れ屋根はシンプルな構造となっているため、他の形状の屋根よりも材料費や工費を抑えられることが多いです。
そのため、初期費用を安く抑えられ、リフォーム費用も比較的抑えられる場合が多いでしょう。

3つ目のメリットは、屋根裏に大きなスペースを確保できる点です。
片流れ屋根にすると、屋根と天井裏の間にスペースができます。
このスペースをちょっとした収納部屋として活用できるため、収納に余裕を持ちたい方におすすめです。

*デメリットについて

1つ目のデメリットは、雨漏りのリスクが高い点です。
一般的に片流れ屋根は一枚板でできているため、雨漏りしにくいと言われています。
しかし、実際は「破風板」と「野地板」の境目から、伝い水によって雨漏りが起こります。
その他にも、軒天換気口から雨水が侵入するケースや結露による劣化で雨漏りが発生するケースもあるため、気をつけてください。

2つ目のデメリットは、屋根が劣化しやすい点です。
一般的な4面の屋根は、当たる雨水を分散するため屋根全体が劣化しにくくなっていますが、片流れ屋根は一枚板で全ての雨風を受けるため、比較的劣化しやすいです。
上記の雨漏りが発生していなくても、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

□まとめ

今回は、片流れ屋根について解説しました。
片流れ屋根は、その見た目の斬新さだけでなく環境に優しいメリットもあります。
今回の記事を参考に、片流れ屋根の取り付けを検討してみてください。

また、アイホームズでは鳥取にて新築一戸建ての依頼を受付中です。
何かご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。

ページトップへ
土地情報 家相 ・ 風水セミナー