ブログ

鳥取で新築物件を検討中の方へ!ロフトのメリットとデメリットを解説します!

鳥取で新築物件の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
夢のマイホームを建てるなら、少し個性的なものを取り入れたい方は多いですよね。
そのような方には、ロフトをおすすめします。
そこで今回は、ロフトのメリットとデメリットを解説します。

□ロフトとは

ロフトとは、いわゆる屋根裏部屋を指します。
建築基準法では、高さ1.4メートル以下のロフトは階数に数えられません。
そのため、ロフトでとれる天井の高さは1.4メートル以下にする必要があります。

また、ロフトは床面積に含まれる場合と含まれない場合があります。
はしごが固定されていない、広さが直下の階の8分の1以下の面積である、ロフト内部に収納がないなどの条件を満たすと、床面積に含まれません。

□ロフトのメリットとデメリットを紹介

ロフトには、意外な条件があることはご理解いただけましたでしょうか。
続いて、ロフトのメリットとデメリットを紹介します。

*メリットについて

1つ目のメリットは、収納スペースが増える点です。
クローゼットやタンスなどの収納場所を確保していても、物が溢れてしまう場合がありますよね。
そのような時に、ロフトを収納場所として利用できます。
また、直下の階の間取りを収納スペースで狭くしてしまうこともありません。

2つ目のメリットは、趣味の部屋として利用できる点です。
収納以外にも、自分の趣味用のスペースとして活用できます。
ギターを弾いて遊んだりコレクションを飾ったりして、自分好みの空間にしましょう。

3つ目のメリットは、吹き抜けと相性が良い点です。
吹き抜けと合わせてロフトを設計すれば、空間を広く利用できるうえにおしゃれな内装にできますよ。
個性的でおしゃれな家にしたい方は、ぜひ2つを組み合わせて設計してみてください。

*デメリットについて

1つ目のデメリットは、熱や湿気が溜まりやすい点です。
部屋の上部にあって熱や湿気がこもりやすいため、生活空間として利用するのは難しいかもしれません。
収納スペースとして利用する場合でも、熱や湿気に弱い物は置かないようにしましょう。

2つ目のデメリットは、掃除が大変な点です。
掃除をする際、掃除機や水の入ったバケツをはしごを使って逐一運搬する必要があります。
何かを持ちながらはしごを上り下りするのは、負担が大きく怪我をする恐れもあるでしょう。

□まとめ

今回は、ロフトの定義と、ロフトのメリットとデメリットを解説しました。
ロフトは個性的でワクワクさせてくれるだけでなく、収納や趣味部屋など実用性もあります。
本記事を踏まえて、ぜひ設置を検討してみてください。
また、ロフトについて詳しく知りたい方は、ぜひアイホームズまでお問い合わせください。

ページトップへ
土地情報