ブログ

鳥取で新築を購入する方へ!ベランダについて解説します!

鳥取にて新築一戸建てを検討されている方はいらっしゃいませんか。
家の間取りを考えるにあたって、家事をしやすい間取りにしたい方は多いですよね。
そのような方は、ベランダを設置してみてはいかがでしょうか。
そこで今回は、ベランダとバルコニーの違いや、ベランダのメリットについて紹介します。

□ベランダについて

ベランダとは、住宅の外側にある屋根付きの歩行可能なスペースです。
主に洗濯物を干す場所として使われることが多いです。

ベランダに似たものとしてバルコニーが挙げられますよね。
バルコニーはベランダとは異なり、屋根がついていない代わりに手すりが付いています。
加えて、バルコニーは屋根がない分外側にせり出すため、ベランダより広くなる傾向にあります。

さらに、ベランダとテラスも同じに捉えてしまう方が多いですが、実際には異なります。
テラスは土地の一部を盛り上げ、平地にした部分です。
一般的には、住宅の庭にコンクリートや木材を敷き詰めて作られるスペースを指すことが多いでしょう。

このように、ベランダとバルコニー、テラスは特徴が異なるものです。
違いをしっかりと確認しておきましょう。

□ベランダを設置するメリットを紹介

次に、ベランダを設置するメリットを紹介します。

まず、1つ目のメリットは外に洗濯物を干せる点です。
洗濯物を干す場合、できるだけ室内干しではなく外干しをしたいですよね。
室内干しをすると、室内の湿度が高くなって生活しにくくなったり、カビができやすくなったりします。
また、洗濯物が室内干し特有の生乾きの臭いになってしまう恐れもあります。

ベランダで干せば、日当たりや風通しが良いため、洗濯物が比較的早く乾きます。
さらに、太陽光にさらすことで殺菌効果も期待できるでしょう。

2つ目のメリットは、リラックススペースとして利用できる点です。
簡易的な椅子や机を設置すれば、外の空気を感じながらリラックススペースとして利用できます。
涼しい時期には外で食事をするのも良いですね。

3つ目のメリットは、一時的なゴミ置き場になる点です。
家庭ゴミを収集日まで家に置いておく際、臭いや衛生面の心配をされる方は多いですよね。
夏場は虫が湧く可能性もあるため、適切な処理が必要です。
ベランダがある場合は、外に一時的にゴミを置いておくことで、室内に生ゴミの臭いが漂ってしまうことを防げます。

□まとめ

今回は、ベランダの基礎知識と、ベランダのメリットやデメリットを解説しました。
本記事を参考に、ぜひベランダの設置を検討してみてください。
また、アイホームズは鳥取にて新築のご依頼を承っております。
何かお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ページトップへ
土地情報 家相 ・ 風水セミナー