ブログ

鳥取で新築の購入を予定している方に水回りの床選びについて解説します!

水回りの床は水の影響を受けて劣化しやすく、また汚れやすい場所です。
そのため水回りの床材の素材をどのようなものにするか考えることは重要です。
今回は、鳥取で新築の購入を予定している方に、水回りの床選びについて解説します。

□水回りの床材を選ぶポイントについて

水回りといってもキッチン、洗面所、トイレとそれぞれ全く使用する用途が異なりますよね。
そのため、それぞれの用途に合わせて床材を決めると、その空間が使いやすくなるでしょう。

*キッチンの場合

キッチンでは、料理や洗い物を行う過程でものをこぼしたり、汚れが飛んだりするため、汚れやすい環境と言えるでしょう。
また、料理や洗い物には時間がかかるため、床が固いと足が疲れやすくなります。
そのため、キッチンには手入れがしやすく、弾力性のある素材を選ぶことをおすすめします。

*洗面所の場合

洗面所では、水や洗剤を使用する機会が多いです。
特にお風呂上りや洗顔時には床に水が垂れることがあり、洗濯や掃除時には洗剤を床にこぼすことがありますよね。

このように洗面所では、耐水性や耐薬品性が高い床材を使用した方が床の劣化を抑えられるでしょう。
また、水で滑って転倒することがないように、滑りにくさにも注意した方が良いです。

*トイレの場合

トイレで気になるのは、排出物の臭いと飛沫ですよね。
トイレの床材は掃除がしやすいことや抗菌効果があると快適に使用できるでしょう。
また、真っ白の床材を選ぶと汚れが染みついた際に、目立ちやすくなってしまうため、床材の色には注意した方が良いでしょう。

□床材の種類と特徴について

まずフローリングを選ぶと、水回りの清潔さとおしゃれさを両立することができるでしょう。
フローリングは木材でできているため、水を吸収しやすく手入れが必要ですが、特殊な加工をしたり、表面材を張ったりすることで性能を上げられます。

次にクッションフロアです。
クッションフロアは塩化ビニールを用いた素材のため、耐水性があり、弾力性もあります。
また、手ごろな価格かつ施工も簡単にできるため、新築で建てた後に張り替える方も多いです。
抗菌や消臭効果があるものも販売されているため、ぜひご検討ください。

最後にタイルを紹介します。
タイルは耐久性や耐水性が高いだけでなく、汚れを簡単に拭きとれることも特徴です。
色やデザインも豊富でおしゃれですよね。
しかし、タイルは足触りが冷たくて硬く、滑りやすいことに注意しましょう。

□まとめ

今回は、水回りの場所ごとの床材を選ぶ際のポイントと床材の種類について解説しました。
場所ごとに必要とされる性能と素材ごとの性能の特徴を考慮して決めると、使い心地の良い床を作れるでしょう。

ページトップへ
土地情報 家相 ・ 風水セミナー