ブログ

鳥取で新築を建てる予定の方に廊下の幅についての注意点を解説します!

「一般的な廊下はどのくらいの幅だろうか」
「廊下の広さをどれくらいにすれば良いのか分からない」
このような思いをお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、鳥取で新築を建てる予定の方に、廊下の幅についての注意点を解説します。

□一戸建て住宅の廊下の幅について

一般的に、一戸建て住宅の廊下の幅は91センチメートルです。
91センチメートルと言いつつも、壁の厚さも含まれているため、実際には78センチメートルから79センチメートル程度でしょう。
大きな荷物を運ぶ際には少し不便かもしれませんが、日常生活には十分問題なく通れるでしょう。

ただし、高齢者や車いすの方がいらっしゃるご家庭は、一般的な廊下の幅だとかなり窮屈に感じる可能性があります。
そのため、廊下幅は90センチメートル以上を確保するようにしましょう。

□廊下を作る際に注意すべきこととは

先ほど廊下の幅は設計してもらった広さから壁の厚さ分、狭くなることをお伝えしました。
このこと以外にも廊下を作る際に注意した方が良いことがあります。

まずは、ドアを開けた際に廊下を完全に塞いでしまうことがないか確認しましょう。
ドアの幅と廊下の幅がほとんど同じだった場合、ドアは廊下を完全にふさいでしまいます。
この場合、ドアを正面に立って開こうとしても開けません。
ドアの開く方向の反対側に立ってドアを開ける必要があります。

設計時にドアを開いた際の状態はあまり考えないと思います。
ドアを開いた状態の使い勝手についてはしっかりと考えた方が良いでしょう。
ドアが廊下を塞ぐのを防ぐには、ドアを折れ戸か引き戸にすると快適に出入りができます。

次に、廊下の長さについて考えましょう。
廊下が狭い場合は、なるべく廊下を長くしない方が圧迫感を減らせます。
狭いという定義は、先ほど紹介した91センチメートルより狭い場合のことです。
もし、廊下を長めに取りつつ圧迫感を減らしたいとお思いでしたら、廊下の色調を明るくすると良いかもしれません。
廊下に使う色に白を選び、照明を暖かい色合いにすることで廊下の圧迫感を軽減できます。

最後に、廊下の面積について考えましょう。
廊下は部屋と部屋を移動するだけのスペースですから、基本的には家の中の間取りに対する廊下の面積の比重が少ない方が良いです。
廊下のスペースを減らすことで、他の部屋の面積を増やせて、廊下で衝突するトラブルも減らせるでしょう。

□まとめ

今回は、一般的な廊下幅や廊下を作る際に注意すべき点について解説しました。
ドアを開いた際の状態を考慮した上で、廊下の長さや面積が少なく済むように間取りを考えてみてください。

ページトップへ
土地情報 家相 ・ 風水セミナー