ブログ

鳥取で新築の購入を検討中の方へ!窓選びを失敗しないための知識を解説します!

「いくつ窓を設置して、どの位置につけると良いのか」
「どれくらいの機能の窓を選ぶのが良いのか」
このようなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
今回は、鳥取で新築の購入を検討中の方に、窓選びを失敗しないための知識を解説します。

□窓の失敗例を紹介

窓は設計の段階では失敗したと感じることはなく、家が建って生活し始めてから失敗したと感じることが多いです。
よくある窓の失敗例は、設置場所をよく考えずに設計して失敗することが挙げられるでしょう。

窓の設置場所を間違えると、日当たりが良くなかったり、逆に良すぎたりすることがあります。
例えば、窓を隣の家の影になる場所に設置すると日が差さなくなりますよね。
このようになる原因は、太陽の向きや角度を計算して窓を設置しなかったためです。

また、窓を取り付けたことで家具が置けなくなることもあります。
窓の前はもちろん、基本的には窓の近くに家具を置くことができないことを押さえておきましょう。
家具を壁際に置きたいとお思いになる方は多いのではないでしょうか。
1つの壁の全面を窓にしてしまうと、窓の開け閉めができないため、家具を置けなくなってしまいます。
ベッドを窓際に置きたいと考えている方もこの点について注意してみてください。

□窓選びで知っておきたい知識について

まず、空気の流れを考慮して、窓を設置することは重要です。
1つの面に窓を付けるなら、反対側の壁にも窓を取り付けると空気の対流が良いでしょう。
例えば、南側に窓を付けたら、北側にも窓を取り付けるといった感じです。
土地の特性によって風の流れ方は異なるため、近所の家の窓を参考にするのも良いでしょう。

次に、太陽の光を1日中取り入れられるのは南側の窓です。
そのため、庭やベランダに出るための掃き出し窓を南側に取り付ける家が多いです。
西側や東側に取り付けても良いですが、太陽が反対側にあるときはそこまで光を取り込めないことを押さえておきましょう。

また、隣の家と面する位置にある窓は、高さや位置が同じだと視線が気になることがあるかもしれません。
隣の家とは窓の位置が重ならない方が良いでしょう。
どうしてもその位置に取り付けたい場合は、型ガラスを使用することがおすすめです。

ほかにも、窓の機能性について考えることも重要でしょう。
窓を閉めた時に気密性が高くなると、防音性も高くなるでしょう。
気温の影響を受けやすい地域では、断熱性にも注意した方が住み始めてからの快適さが異なります。

□まとめ

窓選びを失敗しないためには様々な知識を知っておくことが大切だとお分かりいただけたのではないでしょうか。
窓の設計について相談したいことがある場合は、気軽に当社にご相談ください。

ページトップへ