ブログ

注文住宅に和室を設けるメリットをアイホームズが解説します!

新築を建てる際に、和室を作るべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
和室は床に敷く畳が柔らかく、クッション性があるため、リラックスできる空間です。
また、和室にはリラックス効果だけではなく、様々なメリットがあります。
今回は、注文住宅に和室を設けるメリットをアイホームズが解説します。

□和室を作るメリット

ここでは、和室を作る3つのメリットを紹介します。

*仏間や客間といった様々な用途で使用できる

和室は昔から、仏間や客間として使用されてきました。
仏壇を洋室に設置すると、仏壇を置いた空間だけ浮いてしまうかもしれません。
しかし、和室に仏壇を設置すると馴染むので、仏壇を置く場所が必要なご家庭は和室を作った方が良いでしょう。

また、テーブルと座布団を置いて応接室にしたり、布団を敷いて泊まってもらったりできるため、来客が多い家は和室があると便利です。

*押入れがあれば収納スペースが確保できる

押入れがあると、大幅に収納スペースを増やせます。
そのため、様々なものを収納できるでしょう。
布団のように広いスペースが必要なものも収納できます。
特に、来客が多く客間として和室を使用する予定がある方は押入れがあると便利です。

*ふすまで区切ると独立スペースになる

最近和モダンが流行しており、リビングの一角に小上がりの和室を設ける方が増えているのをご存知でしょうか。
和室はクッション性が高く、子供たちの遊び場にピッタリです。
和室とリビングが一体化しているため、子供たちが和室で遊んでいるのを、お母さんはリビングで家事をしながら様子を確認できます。
お子様がいらっしゃるご家庭は、このような和室を設けると便利でしょう。

また、小上がりの和室部分にふすまを設けることで、独立したスペースにできることも、魅力的でしょう。

□多くの人が和室を設ける理由について

和室を設けた方の理由の中で最も多かったのは、客間として利用できることです。
普段はリビングや家事を行うスペースとして使用し、来客が泊まりに来た際には、客間や寝室として使用します。
家で指導をしたり、ワークショップを開いたりする方がいらっしゃる家庭には、特に和室を設けることをおすすめします。

□まとめ

今回は、注文住宅に和室を設けるメリットを解説しました。
和室は様々な用途で使用でき、機能面にも優れていることがお分かりいただけたと思います。
最近では洋風住宅にも合う和室を作れるため、古臭いというイメージはあまりありません。
和室を設けたいと思った方は、打ち合わせの際に意見を伝えてみてください。

ページトップへ