ブログ

鳥取で新築を購入予定の方へ!外壁の色について解説します!

外壁の色選びは難しく、後から失敗したと感じる方もいらっしゃいます。
みなさんも町で他の家を見た時に、「なんであんな色にしたのだろう」と思ったことがあるのではないでしょうか。
今回は、鳥取で新築を購入予定の方に、外壁の色の選び方について解説します。

□外壁塗装の仕上がりがイメージと違う

外壁の色がイメージと違うという失敗は、外壁塗装の失敗例の中で最も多いです。
外壁の色は数年間にわたって家の外観の印象を決める重要なポイントですから、失敗したくないですよね。
完成した家を見て、色の濃淡や明暗がイメージと異なると感じる方がいらっしゃいます。
なぜこのような問題が発生するのでしょうか。

ここでは、1つの原因を解説します。
塗料メーカーは、塗料の種類ごとに色の見本をカタログにしており、塗装希望者はカタログの中から希望の色を探します。
しかし、カタログは紙製品であるため、時間とともに変色するでしょう。
そのため、色が予想と異なる時があります。

また、パソコンでカラーシミュレーションを行う際も注意が必要です。
カラーシミュレーションは、簡単に配色のイメージができるというメリットがあります。
しかし、パソコンでは実際の凹凸感やツヤ感、質感を確認できません。
そのため、色が希望と異なる場合があります。

□色選びを成功させるには

蛍光灯の下で見た色と太陽光の下で見た色では見え方が異なるのをご存知ですか。
蛍光灯は青みがかった白色のため、実際に太陽光の下で見るより青っぽい色に私たちの目には映ります。
そのため、色選びを行う際には屋外に出て太陽光の下で見る方が良いことを押さえておきましょう。

また、面積効果に注意することも大切です。
面積効果とは、面積が大きくなるにつれて彩度と明度があがって見える現象のことです。
つまり、小さい色見本で決めたものより、明るい色はより明るく、暗い色はより暗い印象になるでしょう。

そのため、塗装後に色がイメージより濃い、イメージより明るいといった思いを持つ方が多いです。
面積効果に注意して色を選ぶと、外壁塗装の色選びに失敗することを防げるでしょう。

□まとめ

今回は、色の選び方について解説しました。
色見本やカタログから実際の色合いを想像するのが難しいことがお分かりいただけたと思います。
外壁の色は一定期間の家の外観の印象を決めます。
さらに色の選び方について知りたいという方は、気軽に当社にご相談ください。

ページトップへ