ブログ

注文住宅で使用する床材についてアイホームズが紹介します!

床材にはタイルやカーペットではなく、フローリングを選ぶ方は多いのではないでしょうか。床材にはタイルやカーペットではなく、フローリングを選ぶ方は多いのではないでしょうか。注文住宅では、複合フローリングと無垢フローリングの両方が採用されます。フローリングの種類別にどのような違いがあるのでしょうか。今回は、注文住宅で使用される床材についてアイホームズが紹介します。

□フローリングの種類について

フローリングには、無垢フローリングと複合フローリングの2種類が挙げられます。無垢フローリングとは、100パーセント天然木でできたフローリングのことです。無垢フローリングでは、使用する素材によって雰囲気ががらりと変わります。広葉樹ではオークやウォルナットといった素材が使用され、針葉樹では杉やパインといった素材が使用されることが多いでしょう。
一方で、複合フローリングとは、基材の表面に化粧材を貼り合わせたフローリングのことです。複合フローリングは挽き板、突き板、シートの3種類の化粧材が使用されます。
挽き板は天然木を2ミリメートル程度の薄さにのこぎりで挽いたもので、他の2種類より厚みがあるため、無垢材に近い質感を感じられるでしょう。突き板は木材を1ミリメートル程度に薄くナイフでスライスしたもので、機能性と価格のバランスが魅力です。木目シートの複合フローリングは手入れがしやすく、天然木に比べて安価なことが特徴です。

□フローリングの種類別の特徴とは

無垢フローリングは天然の木材を使用しているため、木目の美しさが魅力で、年月が経つほど魅力が増します。また、肌触りが良く木材の温かみがあり、冬であっても裸足で歩けるでしょう。これは木材が空気を含んでおり、保湿性に優れているからです。
無垢フローリングは調湿性にも優れており、家の中の湿度を快適に保つ効果があるでしょう。冬は乾燥して縮み、雨の多い時期は膨張してしまうため、反りや割れが発生する可能性があります。無垢フローリングを貼る際には必ず専門の業者に依頼しましょう。
複合フローリングは、無垢フローリングのように高い調湿性はないため、反ったり割れたりすることはありません。見た目や肌触りより費用面を重視したい方にはピッタリでしょう。

□まとめ

無垢フローリングと複合フローリングとの違いがお分かりいただけたと思います。木目の美しさや調湿性を重視している方は無垢フローリングを選ぶと良いでしょう。一方で、コストや手入れを重視したい方は複合フローリングがおすすめです。

ページトップへ