ブログ

鳥取で新築を購入したい方へ!快適な玄関作りについて紹介します!

玄関が狭くて、外出時や朝の時間帯に混み合った経験はありませんか。
玄関が広いと、靴をはじめとして様々なものが収納できます。
玄関づくりではどのようなことに注意すれば、ストレスを溜めることなく快適にすごせるのでしょうか。
今回は、鳥取で新築を購入したい方に、快適な玄関作りについて解説します。

□ベストな玄関の広さとは

玄関の広さは、家族構成に合わせて決めましょう。
4人から5人家族には、1.5坪前後の玄関がおすすめです。
2人暮らしの方には1坪が丁度良い広さですが、4人から5人家族のご家庭だと出かける際に玄関が混み合ってしまいます。

現在、賃貸に住んでいて玄関の狭さに不満があり、新築では広い玄関を希望している方は少なからずいらっしゃるでしょう。
玄関の間口は1.35メートル以下だと狭く感じてしまいます。
玄関で混み合うのが嫌な方は、1.6メートル以上確保すると狭さを感じにくいです。
また、家が大きく人を招くことが多い場合は、玄関を2坪以上にする方が良いでしょう。

玄関が広いと作業スペースや収納スペースとして利用できることがメリットです。
また、手すりの設置のような将来的なリフォームもしやすくなるでしょう。
しかし、玄関が広いと他のスペースが狭くなってしまうため、家全体のバランスを打ち合わせの段階で確認しておくことがおすすめです。

また、天井が高いと開放感があるため、玄関の高さも狭さを感じさせないための重要なポイントの1つです。
平均的な天井の高さは約2.4メートルです。
より開放感が欲しい方は、吹き抜けにするのが良いでしょう。

□玄関ホールの収納スペースについて

玄関の収納スペースには靴だけでなく、掃除用品や印鑑も収納している方が多いと思います。
また、お子さんがスポーツをしてらっしゃるご家庭では、スポーツ用品を玄関に収納したいとお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自転車やスポーツ用品といった大きなものを収納したい場合は、少なくとも収納スペースは1畳ほど必要です。
2坪の玄関の場合は、1.5畳あった方がさらに多くのものを収納できます。
しかし、収納スペースが広すぎて玄関が狭くなってしまっては本末転倒ですよね。
玄関に何を収納すると便利か考えて、間取りを決めるのが良いでしょう。

□まとめ

今回は、快適な玄関作りについて解説しました。
3人以上のご家庭は玄関が1.5坪あると、狭く感じにくくなるでしょう。
収納スペースは多いほど便利ですが、家の間取りのバランスを考えて、どれくらい設けるか考えてみてください。
玄関について聞きたいことがある方は、気軽に当社にご相談ください。

ページトップへ