ブログ

鳥取で新築の購入を検討している方に使い勝手の良いトイレついて解説します!

トイレの広さやドアの開き方はどのように選べば良いのか悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。
実際に、トイレの間取りで後悔する方は多いのをご存知ですか。
トイレは毎日使う空間ですから、失敗したくないですよね。
今回は、鳥取で新築の購入を検討している方に、使い勝手の良いトイレについて解説します。

□ベストなトイレの広さとは

一般的に、トイレの広さは0.75畳から1畳ほどで、奥行きは120センチメートルから160センチメートル程度です。
このような広さの場合、トイレ内には便器しか置けないでしょう。

少し広めの1.5畳タイプを選ぶと、1畳タイプよりスペースに余裕があるため、手洗器や収納棚を設置できます。
手洗器が必要なくて、収納棚はトイレ以外の場所に作りたいと考えている方は、トイレは広いスペースを用意しなくても良いでしょう。
収納棚をトイレ内に設置する場合は、タンクの上や手洗器の下といった位置に設置し、邪魔にならないように意識しましょう。

□トイレの入り口について

トイレの便器からドアまでの距離を考慮しましょう。
トイレ内で動きやすくするには、ドアまで最低でも40センチメートルの距離を空けましょう。
40センチメートルは最低ラインですから、ドアが近く圧迫感があるため、実際にはもう少し空けた方が良いでしょう。

次に、トイレのドアは引き戸にするのがおすすめです。
例えば、トイレの中で気分が悪くなり中で倒れてしまった場合、内開きだと空けられません。
しかし、トイレを出た先の通路が狭かったり、障害物があったりする場合は、内開きの方が良いこともあるでしょう。
内開きにするときは、邪魔にならないようにトイレの広さを十分に確保しましょう。

一方で、ドアが外開きだと、開いた先がお風呂場や手洗い場の場合は、ドアを開けたときにぶつかることがあります。
このようにトイレの周りの環境やトイレの広さを考慮して、内開きにするか外開きにするかを決めることをおすすめします。
ドアの間口は最低でも60センチメートル以上確保し、車椅子を使う方がいるご家庭は80センチメートル確保するのが良いでしょう。

□まとめ

今回は、使い勝手の良いトイレについて解説しました。
トイレの広さやドアの開き方は、トイレの周りの環境や安全性に考慮して選びましょう。
トイレは毎日使うものですから、希望通りのトイレを作ることで毎日のストレスを減らせるでしょう。
トイレの間取りを考える際には、この記事を参考にしてみてください。

ページトップへ