ブログ

設計段階からできる新築の防犯対策の方法を鳥取のプロ建築士が解説!

新築を建てる際は、防犯対策も同時に済ませておきましょう。
治安がいい鳥取とはいえ、家に侵入される可能性はあります。
そこで、今回は防犯に使える豆知識と新築の設計からできる対策について紹介します。

□家の侵入を防ぐために知っておきたいこととは

防犯対策では侵入者の行動を読むことが重要になります。
侵入者の行動の中で、防犯に使える知識は2つあります。

1つ目は侵入にかかる時間です。
侵入者はどれだけ時間をかけても室内に侵入すると考える方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、侵入者は室内に侵入する際、時間が5分以上かかると判断すると7割は侵入を諦めます。
そのため、侵入に時間がかかる対策をするだけで犯行を未然に防止できるかもしれません。

2つ目は周辺の環境です。
侵入者は無闇に侵入する家を決めている訳ではありません。
周辺の環境を調査してから、犯罪を実行しています。

狙われやすい周辺の環境として、公園と隣接している家があります。
公園は誰でも利用することができるため、長時間滞在しても怪しまれることがありません。
夜の公園は人も少ないので、発見されるリスクも少ないです。
また、小道が多く人通りの少ない家も周りに侵入を気づかれにくいため、注意しましょう。

□設計からできる防犯対策とは

防犯対策は建築後からでもできますが、商品の購入から設置まで個人でやる必要があります。
そのため、手間を減らす目的で設計に防犯対策を組み込むと良いでしょう。
建築でできる防犯対策は2つあります。

*窓の対策

窓は侵入経路としてよく利用されるため、必ず対策する必要があります。
対策としては、防犯用の窓ガラスを使用する方法が挙げられるでしょう。
防犯用のガラスは、二枚組のガラスとその間に特殊なシートを挟む構造になっています。
この構造は割れにくく貫通しにくいため、侵入を防止できます。

*家の周りへの対策

家の周りの対策としては、外壁にセンサーライトを設置する方法があります。
センサーライトは、人の動きを感知して点灯します。
そのため、周りの人が侵入に気づきやすくなり、侵入者はこれを警戒して犯行を実行できません。

また、家の周りに防犯用の砂利を敷き詰めておく方法も効果的でしょう。
防犯用の砂利は踏むと音が鳴るため、いち早く犯人を察知できるからです。

□まとめ

防犯を考える際は、侵入時間と周辺の環境を意識した対策を行いましょう。
設計からできる防犯対策としては、防犯用窓ガラスの設置やセンサーライトが効果的です。
ここで紹介した方法以外にも有効な対策はあるので、ぜひ探してみてください。

ページトップへ