ブログ

地震に強い新築の条件とは?鳥取の専門業者が解説します!

日本では地震が多いため、新築を建てる際は一定の耐震性を満たした建築を行います。
これは鳥取も例外ではありません。
しかし、新築でも構造によっては全壊する可能性があります。
では、地震に強い家の条件とは一体何なのでしょうか。

□地震に強い家に共通しているポイントとは

地震に強い家には3つの共通点があります。

*耐震等級

1つ目が耐震等級です。
耐震等級とは、建物の地震に対する強さを3段階に分けて示したもので、数字が大きいほど耐震性に優れています。
一般的な住宅では、耐震等級は1として建築されます。
一番低い耐震等級1でも、阪神淡路大震災規模の地震に耐えられるように設計されているという点は覚えておきましょう。

*地盤の強さ

2つ目が地盤の強さです。
耐震等級が高ければ、地震による崩壊は起きないだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、耐震等級の値に関わらず、地盤が弱いと地震によって倒壊する可能性は十分にあります。
そのため、耐震性の高い家に住むためには地盤を強化する必要があるでしょう。

*劣化しにくい建材

地震による倒壊の原因の一つとして建材の劣化が挙げられます。
建材の劣化には、原因としてシロアリや結露によるものが考えられます。
これらは、家を支える骨組みに当たるので、劣化すると耐震等級が高くても倒壊する可能性があります。
そのため、建材の劣化が起きにくい家は地震に強いと言えるでしょう。

□地震に強い家を建てるためには

少しでも地震に強い家にするには、基礎部分を横揺れに強い構造に変えるのがおすすめです。
地震に強い基礎部分の構造を「ベタ基礎」と言います。
ベタ基礎では、基礎部分をすべて鉄筋に通してそれをコンクリートで覆います。
このようにすることで地震の力が分散しやすくなり、倒壊する可能性が低くなるでしょう。

また、耐力壁を設置することで、耐震性も向上します。
耐力壁とは、横方向の力に対して強い壁で、窓や玄関など壁の面積が小さい場所で使用されます。
耐力壁を設置する場合は、家全体にバランス良く設置する必要があるため注意しましょう。
もし、一方に集中して設置した場合、もう一方の壁は横方向の力には弱いため、片側から倒壊する可能性があるからです。

□まとめ

地震に強い家の条件は耐震等級、地盤の強さ、劣化しにくい建材の3つです。
これらの条件を満たした家ならば、簡単には倒壊は起こらないでしょう。
また、耐力壁やベタ基礎など構造部分を変えることで、耐震性を上げられます。
地震対策を重視したい方は、この機会にこうした方法を検討してみてはいかがですか。

ページトップへ