ブログ

新築における建築の流れについて鳥取の業者がご紹介します!

新築を建てる際、完成までに必要な作業を気にされる方は多いです。
この場合、完成までの大まかな流れを知っておくと、必要な書類や手続きの準備で慌てることもなくなります。
そこで今回は新築が完成するまでに行う作業と、事前にやっておくと良い作業についてご紹介します。

□土地の購入から完成までに必要な作業

新築を計画する際、最初に行うのが予算の決定です。
住宅ローンと自身の資産を合わせた金額でどれだけ住宅の建築費用に回せるかを自身で把握しておきます。
なお、土地や建築プランで多少金額が変化するため、この段階ではおおよその金額で構いません。

予算を決定した後は、土地と建築プランの仮決定を行います。
仮決定を行う際は建築会社に依頼してから、業者と決めるのが一般的です。
建築プランでは、詳細な予算の見積もりを行います。
そのため、最終的な金額はここで決まると考えておいてください。

仮決定の次に行うのが住宅ローンの事前審査です。
住宅ローンには、さまざまなものがあるため、自身に適したものを選びましょう。
その後は建築プランを修正して、土地と建物の契約を行います。
プランの修正では仮決定のものが法律の基準をクリアするために、細かい間取りの調整をします。
土地と建物の契約は、ローンの種類によって必要な書類が異なるため、しっかりと確認しておきましょう。

そして、土地と建物の契約の後にローンの本審査を行います。
本審査では、契約の内容や年収から世帯が返済可能かどうかを見極めます。

これらの一連の作業を完了してから工事が開始します。
この期間中、安全祈願の儀式や挨拶回り以外は特にやるべき作業はありません。
住宅が完成した後は、家の引き渡しを行い、ここですべての作業が終了します。

□新築を計画する前にやるべき作業とは

新築を計画する前にやっておくと良い作業は主に2つあります。

1つ目は土地を探すための条件決めです。
土地を探す際、事前に必要な条件を決めておくと、スムーズに作業が進みます。
条件の例としては「学校や職場に近いこと」や「スーパーや家電量販店が近くにあること」が挙げられるでしょう。

2つ目は、新築のイメージを固めることです。
事前にどんな家にするかイメージを固めておくと、業者の方と完成像をイメージしやすくなります。
イメージを固める際は、家のカタログや雑誌を見たり、完成見学会へ参加したりする方法がおすすめです。

□まとめ

新築を計画してから完成までの流れをご紹介しました。
多くのステップがあり、すべてをこなすのは大変ですが、着実に終わらせていきましょう。
当社は鳥取を中心に活動しているため、新築を検討されている方はぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ