ブログ

新築の予算の計画が決まらない!この疑問を鳥取の業者が解決します!

新築の予算について、計画の仕方がわからない方はいらっしゃいませんか。
今回は、鳥取で新築を建てるために必要な予算の計画について紹介します。
ここで紹介した内容を予算計画の参考にしてください。

□新築にかかる費用の内訳を紹介

新築でかかる費用は本体工事費用、付帯工事費用、その他の諸経費の3つに分類できます。
これらの費用について詳しく見ていきましょう。

*本体工事費

本体工事費とは、新築の基礎工事や外壁の仕上げ作業など家本体にかかる費用のことです。
新築にかかる費用のうち、約7割から8割を占めています。
家の外装に加えて、キッチンや浴槽などの内装設備もこの費用に含まれます。

*付帯工事費

付帯工事費とは、本体工事費以外にかかる費用のことで、費用全体の約2割を占めています。
庭や駐車場などの外構や地盤に関する工事費、電気やガスの引き込み作業がこの費用に該当します。
土地に関する費用の割合が大きいため、土地の条件によっては金額が高くなるかもしれません。
今一度ご自身の土地に関する情報を調べておくことを推奨します。

*その他の諸経費

諸経費には、直接工事には関係しない費用が分類され、全体の1割未満を占めています。
具体的には空調と照明にかかる工事費や保険の借入金などがこれに該当します。

□予算の計画をスムーズに行うためのポイントとは?

予算の計画では、上記で紹介した費用の内訳以外にも重要となるポイントが2つあります。

1つ目は頭金の金額です。
新築の返済は最初に頭金を支払い、残りの金額をローンで返済という流れになっています。
このとき、頭金の金額が多いほど返済の負担が軽くなるため、できるだけ手持ちの資産を頭金に回すと良いでしょう。
ただし、今後の生活費や引っ越し費用は差し引いて残った金額で頭金を決めるようにしてください。

2つ目はローンの種類と借入金額の確認です。
ローンには銀行や信用金庫が融資する民間ローンや国や自治体から借りる公的ローンがあります。
各ローンの仕組みや特徴を調査して、自身の家計に適したものを選んでください。

また、ローン返済では無理なく返済することが重要です。
そのために、日々の生活でかかる費用からローンの返済金額を決めましょう。

□まとめ

今回は新築における予算の計画について紹介しました。
新築にかかる費用は本体工事費、付帯工事費、その他諸経費の3つに分類できます。
予算を計画する際は、頭金やローンの支払い金額を意識して考えるのがおすすめです。
新築の詳細な費用が知りたい方は、当社までお気軽にご相談ください。

ページトップへ