ブログ

鳥取にお住いの方必見!新築の間取り決めに重要な動線について紹介します!

新築の住宅の場合、決めることが多くて頭を悩まされますよね。
その中でも、とりわけ問題となるのが間取り決めです。
この場合、動線を意識することで、スムーズに間取りが決まるかもしれません。
今回はそんな動線について紹介します。

□動線にはどんな種類あるの?

動線とは、家の中で人がどのように動いたかを表す線のことです。
動線を意識して間取りを決めることでより快適に生活できます。
また、一口に動線といっても動線には生活動線と家事動線の2種類が存在します。
以下で詳しい内容を見ていきましょう。

*生活動線

生活動線とは、人が生活する上で必要な移動を表した線のことです。
玄関からリビングや自室に行く場合、トイレに行く場合などが生活動線に当たります。
生活動線を設計する際はできるだけ短くすると良いでしょう。
生活動線は長さが短いほど部屋間の移動が楽になりストレスを軽減できるからです。

*家事動線

家事動線は、料理や洗濯、掃除など家の家事で必要な動きを表しています。
この動線が長くなってしまうと無駄な移動が増えてしまい、家事に時間がかかってしまいます。
こうなると、家事の効率が下がってしまい余計に疲れてしまうでしょう。
そのため、家事動線も生活動線と同様にできるだけ短くすることが重要です。

また、家事動線は回遊できるようにすると家事の効率が上がります。
直線よりも部屋の移動距離を短くするためにもキッチンやトイレ、浴室を一回りできるように設計してみるのも効果的かもしれませんね。

□動線を考える際に気をつけるべきポイント

動線を考える際は、生活動線と家事動線が交差しないことが重要です。
これらの動線が交差してしまうとお互いの移動の邪魔になってしまうからです。
例えば、トイレまでの動線と包丁などの調理器具を扱うキッチンの動線が交差すると、不意にケガをしてしまうかもしれません。

2つの動線が交差しないためには、単一の動線ではなく複数の動線を考えると良いでしょう。
そのためには、家の図面を見て実際の生活をシミュレーションするのがおすすめです。
イメージが難しい場合は、業者の方と一緒に考えてみてください。

また、動線を短くするだけではなく、収納場所も考慮してください。
動線を短くしても食器や衣類の収納場所から離れていると、往復に時間がかかってしまうからです。

□まとめ

今回は動線について紹介しました。
動線には生活動線と家事動線の2つがあり、家の間取りではこれらの動線が交差しないことが重要になります。
交差を防ぐためには、図面を見て実際の暮らしをシミュレーションするのがおすすめです。
紹介した内容を参考にして、より良い間取りを考えてください。

ページトップへ