ブログ

スキップフロアの魅力について!鳥取の注文住宅の業者が教えます

収納スペースを多く取りたい方や、フロアにメリハリをつけたい方に人気がある間取りの1つに「スキップフロア」があります。
スキップフロアに興味はあっても、あまり詳しくない方が多いのではないでしょうか。
この記事を読んでスキップフロアについて詳しく知り、注文住宅の参考にしましょう。

 

□スキップフロアとは

 

スキップフロアとは、床面の高さの一部を変えてフロアに階層をつくる構造のことを指します。
空間の中に段差ができることによって、ゆるやかな繋がりを持たせつつも視線が縦に抜けて、連続性のある開放的な空間を生み出すという特徴があります。
スキップフロアにすることで、空間に区切りが生まれるため、生活空間の境目が認識しやすくなりますよ。
「繋げたまま区切る」のがスキップフロアの魅力だと言えるでしょう。

 

□スキップフロアをもたらすメリット

 

*立体的な繋がりができる

 

スキップフロアは空間に高低差を作れるため、立体的な繋がりが生じます。
高低差をうまく利用すると、活用できる空間が増えて実面積以上の広がりができます。
同じ部屋にいるものの、まるで違う空間にいるような感覚になれるのは、スキップフロアならではの魅力だと言えるでしょう。

また、都市部に住宅を建てたくても、土地が高いため、狭小住宅に住んでいる方がいらっしゃるかもしれません。
このような場合は、スキップフロアを上手に活用して、圧迫感のない空間を作れます。

さらに、スキップフロアの間取りを採用すると、一般的な家では叶わないようなちょっとした隠れ家的空間を、作ることが可能です。
趣味部屋が欲しい方にはおすすめですよ。

 

*空間に広がりを持たせられる

 

スキップフロアは縦方向に空間が広がるため、視線の抜けが良く、実際の家の面積よりも広く感じられます。
空間の広がりをもたらす間取りの1つに吹きぬけがありますが、吹き抜けの場合は気積量が増えるので、ランニングコストが増える傾向があります。
一方でスキップフロアの場合、吹き抜けより気積量が少ないため、吹き抜けの場合よりも経済的だと言えるでしょう。
空間に広がりを持たせたいけれど費用が気になる方は、スキップフロアを検討してみても良いかもしれませんね。

 

□まとめ

 

お客様の自由な発想を間取りに取り入れられるのが、スキップフロアの魅力です。
鳥取にお住まいでスキップフロアに興味を持たれた方は、ぜひ一度当社にご相談ください。
当社は、地域の皆様と共に「良い家を負担の少ない金額で」を合言葉に、お客様の家づくりをサポートいたします。
お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ