ブログ

鳥取県民必見!新築で悩みがちなリビングの照明の選び方について

リビングは家族が集まる場所であると同時に、知人や親戚を通す場所でもあります。
そのため、家全体の印象を決める場所と言えるでしょう。
リビングの雰囲気を大事にする方は多いのではないでしょうか。
今回は、リビングの照明の選び方について鳥取の注文住宅業者がご紹介します。

 

□照明の種類

 

リビングでよく採用される照明には、「シーリングライト」「ダウンライト」「シーリングスポットライト」があります。

そのなかでも、シーリングライトは最も人気のある照明です。
広い空間を照らすのに向いており、明るさを調節できるものが多く発売されています。

ダウンライトは、天井に穴を開けて埋め込むタイプの照明です。
照明器具が天井から飛び出ていないため、部屋全体がすっきりとした印象になります。

シーリングスポットライトは、おしゃれでスタイリッシュな部屋を演出します。
デザインが豊富にあるため、部屋のアクセントと活用する方が多いです。

 

□リビングの照明を選ぶときのポイント

 

リビングの照明を選ぶときに押さえるべきポイントは3つです。

1つ目のポイントは、照明の種類です。
上でご紹介した種類以外にも、フロアライトやテーブルライト、シャンデリアというようにさまざまな種類の照明があります。
ご自身が理想とするリビングに合うような照明を選んでみてくださいね。

2つ目のポイントは、照明の明るさです。
照明の明るさは、照明選びでとても重要なポイントだと言えます。
リビングの照明を選ぶ際は、広さに合う明るさにすることが大切です。
明るすぎたり、暗すぎたりすると、目が疲れる可能性があります。
あらかじめ部屋の広さを把握した上で、適した明るさを選びましょう。

3つ目のポイントは、照明の色です。
照明の色には「昼光色」「昼白色」「電球色」があります。

昼光色は青白い色で、すっきりと目が冴えるような白色です。
クールなイメージの空間を演出します。

昼白色は自然な白色で、自然光のような明るさです。
ナチュラルな印象を与えます。

電球色はオレンジ系の色で、暖かみがある色です。
他の2つよりも暗めの色であるため、リビングでリラックスしたい方におすすめです。

照明の色はリビングの雰囲気に大きく影響するため、ぜひ今回紹介した3つの色の中から検討してみてください。

 

□まとめ

 

居心地が良いリビングにするためには、照明選びがとても大切です。
照明選びは新築の住宅を建てるときの醍醐味です。
ぜひお気に入りの照明で素敵なリビングを目指しましょう。

ページトップへ