ブログ

新築で対面式オープンキッチンを設けたい方必見!鳥取の業者が解説!

キッチンは毎日使うものだからこそ、家庭に合ったものを選びたいですよね。
しかし、キッチンの種類はたくさんあるので、どれを選べば良いのか迷われる方が多いと思います。
今回は、一般的に多く採用されている対面式キッチンについて紹介します。

 

□対面式オープンキッチン

 

対面式オープンキッチンには、「オープンキッチン」と「セミオープンキッチン」があります。
オープンキッチンとは、キッチンが壁で区切られておらず、リビングやダイニングと一体化したものを指します。

今回は、2種類のオープンキッチンについてご紹介します。

 

*アイランドキッチン

 

アイランドキッチンとは、リビングやダイニングと向かい合う形で、島のように調理台が部屋の中で独立しているものを指します。
壁や仕切りがないため、開放的な空間の中で調理できるのが魅力です。

また、空間の中で島のように存在しているため、様々な方向への動線が確保できます。
そのため、大人数でキッチンを使っても、渋滞することなく、一緒に料理できますよ。
家族で一緒に料理をしたい方におすすめでしょう。

ただし、大きなスペースを必要とするアイランドキッチンは、空間に余裕がなければ導入できない場合が多いです。
また、開放的であるため、ダイニングやリビングからキッチンの様子が丸見えになります。
普段からキッチンの整理しなければ、リビングやダイニングまでが散らかった印象になるため、気をつけましょう。

 

*ペニンシュラキッチン

 

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの左右どちらかを壁にくっつけたものです。
ペニンシュラとは「半島」を意味しており、ペニンシュラキッチンも、カウンターが半島のように突き出ているのが特徴です。

アイランドキッチンよりも少ないスペースで設置できるため、狭い空間でも導入しやすいでしょう。
また、キッチンの正面にくっつけるようにダイニングテーブルやカウンターを設ければ、配膳が楽になります。

ペニンシュラキッチンは、料理をする際の手元が外から見えやすい作りをしています。
もし、料理する手元が丸見えになるのが気になる方は、カウンターの高さを調節してみると良いでしょう。

 

□まとめ

 

今回は、対面式のオープンキッチンについてご紹介しました。
それぞれの特徴を踏まえて、キッチン選びの参考にしてみてくださいね。
鳥取で新築をお考えの方でキッチン選びに迷われている方は、ぜひ一度ご相談ください。
お客様のご要望に合わせて、知識と経験が豊富な当社のスタッフがアドバイスさせて頂きます。

ページトップへ