ブログ

鳥取で新築を建てる方へ!散らからないキッチンにする収納のコツを教えます!

「キッチンの収納がごちゃごちゃしていて使いにくい!」
「キッチンをすっきりさせる収納方法が知りたい!」
このように、キッチンの収納でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
キッチンが使いにくいのは、収納方法のせいかもしれません。
この記事では、散らからないキッチンにする収納のコツを紹介します。

 

□調味料の収納のコツ

 

調味料は容器の形に様々なものがあるため、すっきりと収納するのが難しいでしょう。
ごちゃごちゃしていると、見た目も悪いですし、いざ使うときに取り出しにくいですよね。
そこで、調味料をすっきりおしゃれに収納するコツをご紹介します。

まず調味料の収納では、容器の「形」と「サイズ」が大切です。
容器の形とサイズを同じにすると、統一感が出て見た目がすっきりしますよ。

また、おしゃれな容器に詰め替えることで、調味料自体が見せるインテリアになるため、キッチンの雰囲気を格上げしてくれるでしょう。
同じ容器にする場合は、容器にラベルを貼っておきましょう。
調味料を探す手間が省けるため、おすすめです。

また、調理台下の引き出しに調味料を入れると使うときに簡単に取り出せます。
引き出しに収まる場合は、こちらもおすすめの収納方法です。

 

□食器の収納のコツ

 

食器がごちゃごちゃしていると、取り出す際にストレスを感じるかもしれません。
食器は日々の食卓で必ず使うものであるため、出し入れしやすい収納にしたいですよね。

食器の収納では、まず「よく使うもの」と「たまに使うもの」を分けることが大切です。
食器棚があるご家庭では、使う頻度によって、食器を置く高さを決めると良いでしょう。
例えば、お茶椀や汁椀は使う頻度が多いため、取り出しやすい位置が良いですね。

食器棚に収納する時、平皿を重ねて収納していると、下にあるお皿を取り出すのが面倒になりませんか。
そこでおすすめしたいのが、お皿を立てて収納する方法です。
プレートラックを使っても良いですし、ファイルケースでも構いません。
平皿を立てることによって、使いたいお皿を簡単に取り出せますし、収納量もアップします。

また、小さめの容器は立てて収納するのが難しいため、小さめのバスケットに入れて収納すると良いでしょう。
また、高さのある食器棚の場合は、「アクリル仕切り板」を逆さに用いて、高さを活用しましょう。
収納スペースが2段に増えるため、収納量がアップして便利ですよ。

 

□まとめ

 

今回は、調味料と食器の収納のコツを紹介しました。
収納方法で困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
当社は、鳥取で多くの注文住宅を手掛けております。
新築をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ