ブログ

鳥取で新築をご検討の方必見!フローリングの色選びのお悩みを解決!

新築を考えている方で、フローリングの色を何にしようかと迷われる方が多いのではないでしょうか。
フローリングは部屋の多くの面積を占めているため、フローリングによって部屋の印象は大きく変わります。
今回は、フローリングの色別の印象と、メリット・デメリットについて解説します。

 

□フローリングの色別の印象

 

フローリングの色は大きく、ホワイト系、ナチュラル系、ダーク系の3種類に分類されます。
それぞれが持つ印象は異なるため、それぞれの印象を知って、ご自身が理想とする部屋のイメージに合わせてみてください。

ホワイト系のフローリングは、白色やグレー色が多いです。
部屋をパッと明るく、広く見せる効果があります。
すっきりとした印象で、清潔感を演出できるでしょう。

ナチュラル系のフローリングは、クリーム色やベージュ色といった自然な色味です。
ホワイト系とダーク系の中間の中性的な色で、最も人気のある色です。
自然な温かみを演出し、ナチュラルな印象を与えられるでしょう。

ダーク系のフローリングは、ベージュよりも濃く、落ち着いた色味です。
落ち着いた色が部屋にメリハリを与え、重厚感を演出できます。

 

□フローリングの色別のメリット・デメリット

 

*ホワイト系

 

ホワイト系の色は膨張色と言われており、実際の面積よりも部屋を広く見せる効果があります。
そのため、狭い部屋でも広く感じられるのがメリットです。
また、主張のない色であるため、どんなインテリアでも合わせやすく、選ぶインテリアによって簡単に雰囲気を変えられます。

ただ、髪の毛やゴミ、汚れが目立ちやすいのがデメリットです。
少しの汚れでも気になってしまう方は、こまめに掃除する必要があることを踏まえて選びましょう。

 

*ナチュラル系

 

ナチュラル系の色は、髪の毛やほこりが目立ちにくいです。
無難な色なので、インテリアも問わないのがメリットだと言えるでしょう。

ただ、メリハリがないため、ぼやっとした印象になることがあります。
また、素材の質が表れやすい色でもあります。
安価な素材を選んでしまうと、部屋全体がチープに見える可能性が高いため、気をつけましょう。

 

*ダーク系

 

ダーク系の色は傷や汚れが目立ちにくいです。
髪の毛が落ちていてもあまり見えません。

ただ、白い綿ほこりが見えるため、部屋の隅の掃除はこまめにする必要があります。
また、面積が小さい部屋の場合は、部屋に圧迫感が出てしまうため、ダーク系は控えておいた方が良いかもしれませんね。

 

□まとめ

 

フローリングの色選びはなかなか迷ってしまうものですよね。
そんな方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。
なかなか決められないという方は、ご自身である程度の知識を持った上で、プロの業者に相談してみると良いでしょう。
鳥取で新築の建設に関するお悩みがある方は、ぜひ当社に一度ご相談ください。

ページトップへ