ブログ

鳥取で新築をご検討中の方へ!おすすめの間取りをご紹介します!

「新築を建てる予定があるけど、間取りはどうやって考えればいいの?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
新築を建てるとなると、まず気になるのは間取りですよね。
そこで今回は、そのような方のために、間取りの作り方についてご紹介します。

 

□間取りの考え方

間取りを考える際には、ダイニングキッチンかキッチン独立型のどちらにするのかを考える必要があります。
キッチン独立型の場合はリビングとキッチンが完全に分かれています。
そのため、一人でゆったりと家事を行いたいという方におすすめです。
ダイニングキッチンはリビングを見渡しながら家事を行えます。
そのため、幼いお子さんがいらっしゃる方は安心して家事を行えるでしょう。
しかし、臭いがリビングに広がるところが欠点として挙げられます。
上記のことを考慮してキッチンの種類を選びましょう。
また、リビングの間取りを考える際には生活動線が重要になってきます。
リビングは家族全員が集まるスペースで、特に朝は忙しく混雑するでしょう。
そのため、朝起きて、洗面台に行って、トイレに行ってという生活動線を意識してリビングを考える必要があります。
動線は一直線か、円を描くような線の方が混雑しにくくなります。
生活動線を疎かにすると、家の使い勝手が悪くなるので気を付けましょう。

 

□おすすめの間取り

おすすめの間取りの具体的な例として、対面キッチンが挙げられます。
対面キッチンとは、シンクに立った際に目の前に壁がなく、リビングやダイニングと対面するようなキッチンです。
対面キッチンは、幼いお子さんを見守りたい方や、家族と会話しながら作業をしたい方におすすめです。
次に、リビングと隣接して和室・畳のスペースを設ける間取りも人気です。
間仕切りを設けなければリビングの一部として、広々と使えます。
また、小さな和室はエアコンの効きも良く、冬にはこたつを設置できます。
和室は色んな状況に応じて臨機応変に対応できる便利な部屋と言えるでしょう。
最後におすすめするのがファミリークローゼットです。
同様に、中に入れるような大きさのウォークインクローゼットも人気です。
家族で使うウォークインクローゼットは、浴室に近いと入浴後の着替えを素早く済ませられるのでおすすめです。

 

□まとめ

今回は間取りの作り方についてご紹介しました。
リビングの間取りを考える際には生活動線を考慮することが特に重要です。
間取りを考える際には、十分に情報収集を行ってから決めるようにしましょう。
他にもお悩みや疑問点がある場合はぜひ当社へご相談ください。
お待ちしております。

ページトップへ