ブログ

鳥取の方必見!注文住宅で使う床材について詳しく解説します!

「無垢(むく)フローリングに憧れるけど、実際どうなの?」
「メンテナンスとか大変なんでしょ?」
最近は自然素材を利用した無垢フローリングの家が増えています。
そこで今回は、近年、特に人気のある、無垢フローリングについてメリット・デメリットも踏まえて紹介していきます。

 

□フローリングってどんな種類があるの?

 

*無垢フローリング

 

無垢フローリングとは、一本の木材を切り出して、フローリングに加工した床材です。
特徴は、木本来の香りや温もりを感じられる点です。
最近では、おしゃれな建築雑誌やカタログに掲載される家に、無垢フローリングが使用されることも増えてきました。
ちなみに、無垢材とは木を継ぎ足したりせず、そのままの状態で使用した木材のことを指します。

 

*複合フローリング

 

複合フローリングとは、いくつかの木の板を接着剤で貼り付け、フローリングとして製材したものを指します。
複合フローリングの多くは、集成板の表面に、化粧板という薄い板や木目を印刷した樹脂シートが貼り付けられています。

 

□無垢フローリングのメリット・デメリット

*無垢フローリングのメリット

 

無垢フローリングのメリットは、木の風合いを感じられる点でしょう。
足触りの感触が非常によく、室内の雰囲気をグレードアップさせることができます。
また、年を重ねるごとに、木そのものの味が出てきます。
使う人によって、木の表情が変わっていくので、マイホームへの愛着にもつながります。

 

*無垢フローリングのデメリット

 

無垢フローリングは、素材そのものの味を楽しめるという強みがありますが、デメリットもあります。

 

・メンテナンスが大変

コーヒーや飲み物などをこぼしてしまうと、木材がコーヒーの色素などを吸収してしまい、シミになってしまいます。

・傷つきやすい

無垢フローリングは、何かものを落とすと、すぐに傷がついてしまいます。
ローズウッドやウォールナットなどの硬い木材を選べば傷つきにくくなりますが、スギやヒノキのように柔らかい木材を選ぶと、傷つきやすくなります。

・反りや隙間ができやすい

「木材は呼吸している」と比喩されるように、湿気を吸収したり、放出したりします。
特に冬場には、空気が乾燥し、隙間ができてしまうこともあります。
ある程度寛容な心で、木材と付き合っていくことが必要です。

・床暖房との相性が悪い

床暖房を使用すると、急激な温度変化が発生します。
このような環境は、木材に隙間が生まれる要因になります。
最近では、床暖房に対応した木材もあるようですが、それでも、ある程度の隙間が生じるということは、覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

□まとめ

 

フローリングは家の広い範囲を占めるため、その家の雰囲気を大きく左右します。
フローリングの種類ごとの特徴や機能を理解して、自分の家に適したフローリング選びをしましょう。
私たちは鳥取県で、地域に密着し、住宅の設計・施工、リフォーム、不動産業事業を展開しております。
ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

ページトップへ