ブログ

鳥取の方必見!新築の外壁で使われるサイディングとタイルについて詳しく解説します!

「外壁ってどんな種類があるの?」
「デザインだけではなく機能性も知りたい。」
外壁は選択肢の幅が多く、それぞれに特徴があるので、選ぶ際に悩ことが多いと思います。
そこで今回は、代表的な外壁素材である「サイディング」と「タイル」についてわかりやすく説明します。

 

□サイディングってなに?特徴は?

 

サイディングとは建物の外壁に使用する仕上げ板のことです。
コストが安く、誰でも扱いやすいので、多くの住宅会社で採用されています。
サイディングの外壁材シェアは、約8割とも言われており、最も一般的な外壁材と言えるでしょう。
そして、ここからはサイディングのメリット・デメリットをそれぞれ説明していきます。
サイディングのメリットは以下になります。

・初期費用が安い
・耐水性、耐火性、耐候性がある
・バリエーションが豊富
・工場生産なので、品質が安定している

また、サイディングのバリエーションに関して補足しておきます。
サイディングには窯業系、金属系、木質系、樹脂系という4種類があり、それぞれに特徴があります。
窯業系は、セメントと木質性の繊維を混ぜ合わせたものを、高温で焼き固めて作ります。
耐震性と耐火性に優れ、シンプルで落ち着いた印象に仕上がります。
金属系は、スチール板やアルミ板を用いて、その裏に断熱材を入れています。
耐久性と断熱性に優れ、軽量でもあるため、建物への負担が少なく、耐震性も優れています。
木質系は、天然の木材を使用し、表面に塗装を施した外壁材になります。
木材の風合いを楽しむことができ、耐熱性にも優れています。
消防法の関係で使えない地域も存在しますが、木材を使用したい人にはおすすめです。
樹脂系は塩化ビニル素材を用いた素材になります。
弾力があり、耐久性や耐候性に優れています。
また、色落ちも少なく、メンテナンス回数も少なくて済むのですが、日本ではあまり普及していません。
次にデメリットを紹介していきます。

・メンテナンスコストが高くなる
・タイルなどと比べると、見た目に関して見劣りする

サイディングはバリエーションが豊富で、様々な方のニーズに対応できるのが強みですが、メンテナンスコストなどがかかるというデメリットもあるようです。

 

□タイルの特徴は?

 

タイルは近年新築の外壁としての、使われ方に注目が集まっています。
タイルは高級感やメンテナンス性の高さに定評があり、人気素材の一つです。
まずはタイルのメリットをご紹介します。

・メンテナンス費用が比較的安い
・高級感がある
・耐震性に優れる
・耐水性、耐火性、耐候性がある
・抗菌・防汚効果があるものもある

また、以下のようなデメリットもあります。

・初期費用が高い
・夏場は暑く、冬場は寒い

タイルはサイディングと比較すると、高級感などの特徴はありますが、初期費用がかさむというデメリットもあるそうです。

 

□まとめ

 

今回は、サイディングとタイルの特徴について説明しました。
新築の外壁を選ぶときは、メリット・デメリットを踏まえて、しっかりと吟味していきましょう。
私たちは鳥取県で、地域に密着し、住宅の設計・施工、リフォーム、不動産事業を展開しております。
ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

ページトップへ
土地情報