ブログ

鳥取県で新築をお考えの方必見!靴の量に合わせた玄関収納について解説!

「玄関収納のサイズをどうやって決めたら良いかわからない。」
「靴や傘をうまく収納するためのポイントが知りたい。」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
しかし、玄関収納の大きさやコツをご存知の方は多くないですよね。
そこで今回は、鳥取の方に向けて、玄関収納の大きさやコツについて解説します。

 

□玄関収納の大きさ

玄関の収納が狭すぎて家族全員の靴が収納できず、玄関に靴を出しっぱなしの状態は避けたいですよね。
たとえ、靴をきれいに並べていたとしても、収納されていた方がより清潔感があります。
また、新築の家のためいきなり靴が収納できないという事態は避けたいですよね。
そこで、家族の靴の数を把握することが重要です。
靴の数を把握して、適切な大きさの収納を設置しましょう。

靴は1人で10足ほどを持っていることが多いです。
家族全員で何足の靴を持っているかをしっかりと考えて、収納のサイズを決めましょう。
さらに、靴が好きな方はより多くの靴を持っていたり、女性の方であればブーツを履いていたりしますよね。
靴が好きな方であれば、今ある靴からどんどん増えていくことが予想できますよね。
そのため、現状の靴の数に合わせた収納ではなく、余裕のある収納を選ぶ方がいいでしょう。
女性の方であれば、ブーツなどの高さのある靴を収納できるような棚を設けましょう。
ブーツは夏のような暑い時期に履くことはないため、その時期には別の場所に収納してもいいですね。

 

□うまく収納するコツ

靴の収納方法についても考える必要があります。
よく履く靴は手前に収納し、あまり使わない靴は奥に収納しましょう。
また、よく履く靴であっても、必ず収納する癖をつけましょう。
玄関に靴が散らばっていると玄関が汚く見えてしまいます。
玄関収納では傘の収納についても考える必要があります。
傘は使っている傘のみ置くようにして、普段使わない傘は物置にしまうなどして玄関をすっきりさせましょう。
靴は使用頻度を考えて整理する、傘は使うものだけを玄関に置くようにしましょう。
これらのことを心がけるだけでうまく収納でき、玄関を清潔に保てます。

 

□まとめ

今回は、玄関収納の大きさやコツについて解説しました。
玄関収納の大きさやコツについてご理解いただけたでしょうか。
家庭によって人数が異なり靴の数も異なるため、ご自身の家庭にあった収納の大きさを見つけましょう。
何か困ったことや、わからないことがある方は、当社までお気軽にご相談ください。

ページトップへ