ブログ

鳥取県で新築をお考えの方必見!ロフトのメリットと上手な活用方法をご紹介!

「新築の家にロフトを取り付けたい。」
「ロフトを設置するメリットを知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいますよね。
ロフトのメリットや活用方法として開放感が得られたり、無駄なスペースを減らせたりすることをご存知ですか。
そこで今回は、鳥取県の方に向けて、ロフトのメリットや活用方法をご紹介します。

 

□ロフトのメリット

*スペースを有効活用できる

ロフトの1番のメリットは、余っている空間の有効活用することで家を広く使用できる点です。
本来であれば、屋根裏にある無駄な空間をなくせるため、家を広く使えますね。
コンパクトな敷地に家を建てた方にとっては、家の床面積は小さいため空間を有効活用することが非常に大事ですよね。

*多様な使い分け

ロフトは収納として使われることもよくあります。
扇風機、ストーブなどの家電やTシャツ、ダウンジャケットなどの衣類は季節ごとに使い分けますよね。
ロフトは普段必要のないものを置くのにとても便利です。
また、収納としてだけなく、趣味の部屋にしてみたり、お子さんの遊び場にしたり、書斎にしたりとさまざまな活用方法があります。
収納目的以外で活用したい場合は、ロフトにぴったりなサイズの家具を作ってもらいましょう。
ロフトには高さの制限があるため、その高さに合わせた家具を作ることが重要です。
また、ロフトは屋根に近いため夏場が非常に暑く、とても寝られるような環境ではありません。
子供のベッドなどを併設する場合は、しっかりと断熱材を施工するなどして対策をしましょう。

 

□ロフトの上手な活用方法

ロフトは天井の高さを1.4メートル以内に収める必要があります。
1階または2階の高さを十分に確保しながら、ロフトを設置しましょう。
ロフトの設置のみを意識しすぎて1階や2階が窮屈になっては残念ですよね。
そのため、天井が1番高い部分にロフトを設置しましょう。
ロフトは最大でも1.4メートルしか高さを確保できないため、ロフトの床面積を広げてみてもいいですね。
建築基準法によるとロフトの下の階の床面積の8分の1の面積までロフトを広げられます。
この他にもさまざまな活用方法があるため、工夫してロフトを使用しましょう。

 

□まとめ

今回は、ロフトのメリットと活用方法についてご紹介しました。
家をより広く使えることや収納スペースとして活用できることをご理解いただけたでしょうか。
ロフトを上手に活用して快適な生活を送れるといいですね。
何か困ったことやわからないことがある方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

ページトップへ