ブログ

鳥取県で新築を検討している方必見!アレルギーの原因について解説!

「新築住宅でアレルギーを起こしたくない。」
「アレルギーを引き起こさないための対策が知りたい。」
このようにお考えの方いらっしゃいますよね。
しかし、アレルギー対策に関して詳しくない方は多くいらっしゃいますよね。
そこで今回は、鳥取の方に向けて、新築でアレルギーを起こさないための対策についてご紹介します。

 

□アレルギーの原因

従来の建築では、ふすまや畳などが使われたり、床下や天井も通気性が高かったりしたため、室内を快適な状態に保ちやすいですよね。
しかし、最近の新築住宅は従来の住宅と比べてより密閉された空間を作れます。
こういった建築技術の向上が空気の汚染につながります。
十分な換気が行われないと湿度が上昇し、カビやダニが発生します。
カビやダニはアレルギーの原因の1つです。
また、建材から発せられる有害物質もアレルギーの原因のため、注意してください。
こういったアレルギーの原因に注意して、快適な生活を送りましょう。

 

□具体的なアレルギー対策

*定期的な換気

入居前にはまず全ての部屋の窓を開けて、しばらく換気しましょう。
入居後も数ヶ月間は毎日換気をして、アレルギーの発生を抑えましょう。
また、朝起きたらすぐに換気する癖をつけましょう。
寝ている間にたくさん呼吸した部屋をそのまま放置していては、不潔な上ににおいも気になります。
さらに、換気をすることでアレルギーの原因であるハウスダストを排出できます。
朝起きたら窓を開け新鮮な空気を取り込み、部屋を清潔にしましょう。

*徹底的な湿度管理

湿度の管理は換気と同じくらい重要です。
湿度が高い環境ではカビやダニが発生しやすくなり、低い環境ではウイルスやバクテリアが発生します。
湿度は高すぎて低すぎてもいけないため、適切な湿度を保つことが重要です。
湿度を40〜60%に保つことが理想とされています。
湿度管理を徹底し、健康な空間を作りましょう。

*積極的な日干し

日光は乾燥させるだけでなく、殺菌する効果もあります。
晴れの日には積極的に日光を取り込むようにしましょう。
また、布団やカーペットなども日光に当てて殺菌しましょう。
とにかく清潔に保ち、アレルギーの原因となるカビやダニが発生しない環境を作ることが大切です。

 

□まとめ

今回は、新築でアレルギーを起こさないための対策についてご紹介しました。
アレルギー対策についてご理解いただけたでしょうか。
アレルギー対策をしっかりと行い、快適な新築生活を送りましょう。
何か困っていることやわからないことがあれば、当社までお気軽にご相談ください。

ページトップへ