ブログ

鳥取県で新築をお考えの方必見!新築購入の諸費用の目安をご紹介!

「新築購入の際にかかる諸費用の目安が知りたい。」
「新築購入にかかる諸費用の内訳が知りたい。」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいますよね。
諸費用には主に3種類あり、諸費用の目安は購入価格の5〜10%であることをご存知ですか。
そこで今回は、鳥取県の方に向けて、諸費用の内訳と目安についてご紹介します。

 

□新築購入の際にかかる諸費用

*印紙税

印紙税とは、住宅の売買の契約書や住宅ローンの契約書などを交わす際の契約書にかかる税金を指します。
契約書に記載された金額に応じて税額が決められ、売買契約書に印紙を貼って税金を納めます。
印紙税は決められているため、いくらかかるかを把握しておきましょう。

*登記

登記とは、土地や建物の所有権を第3者に示すために、所有権を法務局に登録してもらうことです。
家を買う際には所有権の登記に加えて、住宅ローンに関する抵当権の登記をする必要があります。
これは金融機関がお金を貸し出したことを証明するもので、債務者がお金を返せなくなった際に、お金を取り戻すための措置です。
金融機関が建物を差し押さえて競売にかけ、その競売で落札された額を住宅ローンの返済に使うための権利です。
登記を行うことで、権利を保障してもらわないと大変ですよね。

*登録免許税

登録免許税は土地や建物の所有権の登記にかかる費用のことを指します。
所有権の登記の際は、土地や建物の評価額に一定の税率をかけた金額を支払います。
登録免許税は、土地の場合評価額×1.5%、新築物件であれば評価額×0.4%で求められます。
評価額が決定していない新築物件であれば、法務局が認定した価格を納める必要があります。
軽減措置も行われているため、しっかりと条件を確認して少しでも費用を安くしましょう。

 

□諸費用の目安

諸費用は上記の税金の他に保険や手数料なども含まれています。
必要となる諸費用の目安は土地や物件によってさまざまです。
一般的には、物件の購入価格の約3〜5%、土地購入+新築住宅の建設の場合は5〜10%が必要とされています。
支払いの際に困らないためにも、資金計画には余裕を持って諸費用を忘れないようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、諸費用の内訳と目安についてご紹介しました。
諸費用の内訳についてご理解いただけたでしょうか。
また、諸費用は購入価格の5〜10%であることを念頭に入れて、新築住宅を購入しましょう。
何か困ったことやわからないことがある方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

ページトップへ