ブログ

注文住宅のリビングの階段について鳥取の業者がご紹介

「注文住宅を建てる予定で、間取りを考えている。」
「リビングの階段について知りたい。」
注文住宅の家づくりの際には、どんな設備を設けるかが気になるかもしれません。
リビング階段もよく取り上げられますが、採用するなら特徴を理解しておきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅のリビングの階段について鳥取の業者がご紹介します。

 

 

□リビング階段のメリット

リビング階段とは名前の通り、居間に設置されている階段のことです。
廊下に設置されていることが多い階段ですが、リビングにあるとまた違った雰囲気を楽しめます。
ここでは、リビング階段のメリットをご紹介しましょう。

 

*家族の顔が見えやすい

構造上、リビングを通らないと上の階に行けません。
LDKが1階にあると寝室は通常2階または3階に設置しますよね。
お子様なども必ずリビングを通るため、家族で顔を合わせる期間が自然と増えます。
会話を交わすあるいは顔色をうかがうだけでも、小さな変化に気付きやすいでしょう。
もちろん、知らないうちにいないこともなくなるため、無用な心配も必要ありません。

 

*リビングを広く確保できる

階段の下の部分もまたリビングの一部になりますから、居間自体を広く確保できます。
下側のスペースは意外と使いづらいものですが、リビングにあると収納などで利用しやすいのです。

 

*おしゃれなインテリアに

リビングに設けることで、階段そのものがおしゃれなインテリアに変化します。
斜めに上がっているものは他にはないために、良いアクセントが加えられます。

 

*吹き抜けと相性が良い

吹き抜けは、上の階の一部がなく下の階の天井が高い部分のことを指します。
リビング階段と一緒に採用することで、開放感のある空間に仕上がります。

 

 

□リビング階段のデメリット

 

*空気が流れやすい

リビングは最も面積が大きいために、空調を維持するのも難しい場所です。
階段があるとその空間がさらに広がるため、特に冬場はなかなか温まらないかもしれません。
階段を上がった先の二階部分にドアをつけるあるいは断熱性を高める工夫をしましょう。

 

*臭いや音が上階に影響しやすい

吹き抜けと同様に空間が開放されているために、音や臭いも伝わりやすいのが難点です。
生活音を迷惑に感じるかもしれませんし、取り入れたくない臭いもあるでしょう。
間取りを変更したり、換気扇を設けたりする工夫が必要です。

 

 

□まとめ

今回は、注文住宅でのリビングの階段についてメリットとデメリットをご紹介しました。
長所と短所の両面が見受けられます。
ご自身にとって魅力に感じるかを踏まえて、採用するかを判断しましょう。

ページトップへ