ブログ

新築住宅を建てたい方必見|鳥取の専門家が教えるおしゃれなデザイン

「おしゃれな家で快適に暮らしたい」
「住宅の外観や内装をおしゃれにしたい」
こういった希望をお持ちの方も多いと思います。
おしゃれなマイホームで悠々自適に暮らすのは多くの人にとって憧れですよね。
そこで今回は、新築住宅を建てる際に住宅をおしゃれなデザインにするためのポイントを紹介します。

 

□外観のデザイン

 

*住宅の形

住宅の外観は家の形によって大きく変化します。
基本的に形をシンプルにするとスタイリッシュな印象を与え、おうとつの多い複雑な形にすると豪華な印象を与えられるでしょう。
どういった印象の住宅にしたいのか既にイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、家の形を決める際はベースをシンプルな形にして必要に応じておうとつを作ることでまとまった外観になります。

 

*窓の配置と数

窓は光を取り込んだり、風通しを良くしたりといった機能面の働きだけでなく、外観の印象を決める働きもしています。
ここで注意すべきなのは、間取りや機能性とデザインの全てを同時に考えることです。
どれか1つだけを意識しすぎるとその他の点がおろそかになってしまいます。

 

*外壁の色

外壁の色は白を基調とした明るい色にすると光の反射の効果があり、周辺まで明るくできます。
一方で、黒などの暗いトーンの色にすると大人な落ち着いた雰囲気を醸し出せます。
同じ形の外観でも、色によってその住宅の印象は大きく変わるので、どういった色の配置にするか慎重に決めましょう。
また、住宅は長年暮らしていくことになるので10年後も、その後も気に入っていられる色や雰囲気にしてください。

 

□内装のデザイン

 

*配色は統一する

内装にすっきりとした統一感を出すためには、内装の配色を統一する必要があります。
ベースの色を決めてそれに沿ったようにその他の色や家具家電を揃えていくことでデザイン性の高い印象にできます。

 

*コンセプトを決める

スタイリッシュにしたいのであれば、白と黒を基調にする、カジュアルにするならシンプルにまとめるといったようにどんな内装にしたいのかコンセプトを決めるとその後の方向性も決まり、全体的に統一感が出ます。

 

*家具を考えながら進める

家具を後回しにして考えようとしている方も多いと思いますが、家具も内装の1つです。
家具を含めてどういった内装にするかを決めましょう。

 

□まとめ

今回は新築住宅をおしゃれにするためのデザインのポイントに関して解説しました。
希望通りのデザインの住宅を手に入れて満足のいく完成にしてください。

ページトップへ