ブログ

鳥取県で土地探しがしたい|新築住宅購入までの流れを解説

「新築住宅を建てたいと考えているけど、土地を持っていないので購入からスタートしないと…」
「土地探しの流れやポイントを知りたい」
こういった思いを抱えている方もいらっしゃると思います。
どんな住宅に暮らしたいのか想像を膨らませている方も多いと思いますが、その前に土地を探すのも一苦労ですよね。
そこで今回は、土地探しの流れやポイントに関して解説します。

 

□土地探しの流れ

 

*土地について学ぶ

立地条件がよくて生活環境に優れた土地を見つけたとしても、皆さんの目的や希望する条件の住宅を建てられなければ後悔するかもしれません。
住宅や建物を建設する際には、建築基準法をはじめとした様々な制限があるため、これらに関して最低限の知識を付けておくことは大切です。
用途地域、建ぺい率、容積率、敷地の接道義務など分からないことが多いと思いますが、最低限こういった言葉が何を意味するのか、どんな制限があるのかを知っておきましょう。

 

*土地を探して選ぶ

ある程度知識を付けたら、問題なく住宅が建てられそうな土地をいくつか探して、その中から購入するひとつを選びます。
ここで注意すべきなのは、土地にこだわりすぎて住宅に使う予算を減らさないことです。
肝心の住宅の予算を圧迫しては本末転倒ですよね。

 

*契約を結んで土地の引き渡し

購入する土地を決めれば、売買契約を結びます。
その後土地の引き渡しを受け、それが完了すればその土地に皆さんの住宅を建てられるようになります。

 

□土地探しのポイント

土地探しでのポイントは実際に土地を確認して、その土地が皆さんの希望する条件を満たしているか自分の目で確認することです。
以下で、現地でチェックする点を紹介します。

 

*日当たり、風通しの良さ

まずは、分かりやすい日当たりや風通しを確認しましょう。
図面上や写真では日当たりや風通しがよく思えても、実際に訪れてみると近隣の建物で影が多かったり、雑木林で風通しが悪かったりする場合もあります。
また、訪れた時間だけでなく時間帯によって起こる変化についても意識しながら確認してください。

 

*水はけの良さ

水はけが悪いと、雨が降ると毎回水が抜けにくい、ジメジメして住宅の劣化を早めるなどの原因になります。
しかし、水はけの良さは天気の良い日には分からないので雨の日、もしくは雨が降った次の日に確認しに行きましょう。

 

□まとめ

土地選びは住宅建設の第一歩です。
ここで失敗しないためにも、住宅ばかりに気を取られずにしっかり時間をかけて検討しましょう。

ページトップへ