ブログ

屋根が古くなっていませんか?屋根のリフォームの費用を解説!

「屋根のリフォームの費用っていくら必要なのかな。」
「リフォームの方法ってどれくらいあるのだろう。」
屋根のリフォームを考えたときに、このように思う方は多いです。
でも、基本的なことを押さえると簡単だってご存じでしたか?
リフォームをするなら、費用相場を把握しておきたいですよね。
そこで今回は、屋根のリフォームの費用を分かりやすく紹介します。

 

□リフォームの方法と費用

屋根のリフォームの方法には塗装、葺き替え、カバー工法の3種類があり、費用相場は、約50~100万円です。
費用は、どの方法でリフォームするかで大きく変わるので、自宅の屋根の種類から、適切なリフォーム方法を選ぶことが重要です。
屋根の劣化が、塗料のみであれば、塗装リフォームを選ぶのがいいでしょう。
屋根材本体や屋根の下地に欠陥がある場合には、既存の屋根材を丸ごと取り払い、下地を補強する葺き替えリフォームを選びましょう。
また、日本瓦には使えませんが、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるカバー工法もあります。

 

□塗装

既存の屋根材の欠陥が少ない場合に行われることが多いリフォーム方法です。
屋根を洗浄し、その屋根材に最も適した塗料で塗装します。
塗装は外観を美しく保つだけでなく、屋根材の劣化を防ぐ効果もあります。
約10年に1度行う必要があり、メンテナンスとして行う方が多数います。
塗装の種類によって費用が変わりますが、費用相場は約25万~40万円です。

 

□葺き替え

屋根が劣化している場合に、既存の屋根を取り外し、新しい屋根材を設置するリフォーム方法です。
ほぼ全ての種類の屋根、傷みが激しい屋根にも対応でき、リフォーム後屋根に高い耐久性を持たせることができます。
費用相場は約70万~140万円です。

*注意点

カバー工法と異なり、既存の屋根を処分する費用が別途必要です。

 

□カバー工法

既存の屋根をリフォームするのではなく、新しい屋根材をそのまま上から被せる方法です。
既存の屋根を取り払い処分する手間がないので、短い工期かつ費用を抑えてリフォームできます。
既存の屋根が腐ってしまうかもしれないことと、屋根の総重量の増加がデメリットです。
費用相場は約50万~120万円です。

 

□まとめ

今回は、屋根のリフォームの費用を紹介しました。
分かりにくいと思われた屋根のリフォームも、意外と簡単と思われたのではないでしょうか。
当社は鳥取市の地域の皆様と共に歩み、数多くの家づくりに携わってきました。
また、リフォーム事業において多くのお客様に選んでいただき、喜ばれております。
ご相談がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ページトップへ