ブログ

ユニットバスのリフォームを解説!気になる種類と費用を分かりやすく

「ユニットバスのリフォームの費用っていくら必要なのかな。」
「リフォームの種類ってどのくらいあるのだろう。」
ユニットバスのリフォームを考えたときに、このように思う方は多いです。
でも、基本的なことを押さえると簡単だってご存じでしたか?
そこで今回は、ユニットバスのリフォームの種類ごとにかかる費用を分かりやすく紹介します。

 

□FRP製浴槽のユニットバスにリフォーム

FRPとは繊維強化プラスチックのことで、ガラス繊維に樹脂素材を混ぜて作られます。
またFRP製浴槽は、ユニットバスの中で、最も普及率が高いです。

 

*特徴と費用

FRPは修復が比較的容易なことが特徴です。
他のユニットバスでひび割れや劣化が生じると、別の素材で修復したり、全て新しくする必要があります。
価格相場は、約40万~70万円です。

 

□人工大理石製浴槽のユニットバスにリフォーム

ショールームで、FRP浴槽と比較した際に、人工大理石の美しさに感激する方も多く、デザイン性や高級感は、今回紹介する種類の中で1番です。

 

*特徴と費用

表面の硬度が高い人工大理石浴槽は、素材が柔らかいFRPに比べて、汚れや傷が付きにくいため、手入れと掃除が比較的簡単です。
FRPよりも掃除が簡単という理由から、ユニットバスのリフォームの際に、人工大理石を選ぶ方もいらっしゃいます。
価格相場は、約45万~75万円です。

 

□鋳物ホーロー製浴槽のユニットバスにリフォーム

鋳物ホーローとは、アルミニウムや鉄などの金属素材の表面にガラス質の釉薬を高温で焼き付けたものです。

 

*特徴と費用

金属は熱伝導率に優れているので、保温性が高いことが特徴です。
お湯を入れて温めるには、時間がかかりますが、身体の芯から温まるので、追い焚きの利用数が下がり、電気代を節約できます。
価格相場は、約60万~90万円です。

 

□ヒノキ製浴槽のユニットバスにリフォーム

ヒノキの香りに癒されるという方も多いかと思います。
その香りが気分を落ち着かせる効果のある物質を含んでいるからです。

 

*特徴と費用

ヒノキの浴槽は、木の温もりを感じられ高級感ある仕上がりになるのが特徴です。
しかし、汚れがカビになってしまうこともあり、木部自体を傷めやすいため、毎日の手入れが必要です。
価格相場は、約65万~100万円です。

 

□まとめ

今回は、ユニットバスのリフォームの種類ごとの費用を紹介しました。
分かりにくいと思われたユニットバスのリフォームも、意外と簡単と思われたのではないでしょうか。
当社は鳥取市の地域の皆様と共に歩み、数多くの家づくりに携わってきました。
また、リフォーム事業において多くのお客様に選んでいただき、喜ばれております。
ご相談がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ページトップへ